5位 読売ジャイアンツ

前評判は高いようですが以前ほど選手層の厚さを感じさせなくなりました。攻撃陣では

ゲレーロ選手が加わりましたが各チームとも研究してくるはず。岡本選手や吉川選手

など若手が伸びてこないと厳しいかと。投手陣は菅野、田口両投手は計算が立ちますが

マイコラス投手の穴はどうかと。山口、野上両FA投手は未知数ですし、こちらも若手が

出てこないと厳しい気がします。怪我人が出ると立ち行かない気がします。


中 陽
二 吉川
游 坂本
左 ゲレーロ
三 マギー
一 岡本
右 長野
捕 小林




注目選手 岡本選手

村田選手を切ってまで使いたい選手。こういう若手が近年出てきていないのが

ジャイアンツさんの苦しいところ。彼が1年レギュラーを張れるようならもう少し

上の順位も望めそうです。


6位 中日ドラゴンズ

昨年と変わらぬ陣容ですから、若手の成長待ちのシーズンになりそうです。

攻撃陣では福田、高橋の両選手くらいしか出てきてませんし外国人頼みに

なりそうです。投手は小笠原、笠原、鈴木翔、柳の各若手先発投手を今年は

徹底的に鍛えて来年につなげる年になると思います。

中 大島
游 京田
左 アルモンテ
一 ビシエド
三 福田
二 高橋
右 平田
捕 大野


注目選手 小笠原投手

彼がローテーションの中心として回らないといけない立場。まだ若いとか言ってる場合

じゃない。素材は文句ないので使って鍛える方針は大いに賛成。あとは彼に続く選手

が何人出てくるかが今シーズンの鍵になりそうです。
3位 阪神タイガース


昨年ウチが苦手としたチーム。先発、攻撃陣ともに劣っているとは思わないが、ウチと

一番の違いはリリーフ陣の充実ぶり。リードを許すか、延長戦に入ってしまうとかなり

苦しくなる印象があります。それ以外の部分では若手とベテランが混在していて平均

以上の実力はあると見ます。



三 鳥谷
游 糸原
右 糸井
一 ロサリオ
左 福留
中 中谷
二 大山
捕 梅野


注目選手 ロサリオ選手


ここ数年のタイガースさんの外国人野手は正直ハズレと言って良いだろう。しかし今年は

違うかもしれない。なにしろ年俸3億4千万の大型契約。今まではそこそこの価格の選手

獲って失敗続きでしたけど今回は本気度が違う気がします。昨年外国人野手が機能しない

状態でも2位ですからロサリオ選手が金額に見合った活躍をすれば脅威となるはず。





4位 東京ヤクルトスワローズ


前年度最下位も2015年時も前年最下位から優勝しているように、読めないチーム。

というのも怪我人次第なんですよね。選手さえ揃っていれば十分戦える力はあると見ます。

青木選手の復帰もプラスですし、打線の強力さは侮れません。課題は何といっても投手陣。

前回の優勝時もそうですが外国人選手のフル回転が条件になるでしょう。



中 青木
三 川端
二 山田
左 バレンティン
右 雄平
一 畠山
游 大引
捕 中村


注目選手 ハフ投手

韓国LGから入団。実はブキャナン投手よりも高額取りの選手。早いストレートと多彩な変化球

が持ち味。ブキャナン投手とローテで回れる実力はあると見ています。日本人の先発投手が

正直どこまでやれるか未知数。チームとしてもかなりの期待をしていると思う。



つづく
1位 広島東洋カープ


戦力に大きな変化は無く去年と同等の戦力は保持していると思います。ここから更に

若手が出てくるようだと手が付けられなくなりそう。弱点があるとすれば短期決戦

の戦い方くらいでその他は見当たりません。順当に行けば3連覇あるかもしれません。


游 田中
二 菊池
中 丸
右 鈴木
一 エルドレッド
左 松山
三 安部
捕 会沢


注目選手 メヒア選手

昨年バティスタ選手が一躍脚光を浴びましたが、この選手も2軍での成績は群を抜いて

ます。ただ1軍では結果が出ませんでした。しかしオープン戦では立場が逆転。

どちらかというと長打より率を残すタイプの選手ですが本塁打4本と長打力も

付いてきました。開幕スタメンもあるかもしれません。



2位 横浜DeNAベイスターズ


ワタクシ的には優勝!と言いたいところですが正直まだ足りない部分があるんじゃないかと。

まだまだ全体的な戦力で言えばカープさんより落ちると見ています。ただカープさんを

倒すのはウチだという自負はありますけどね。鍵を握るのは若手の先発右腕投手。

左腕はご存知の通り豊富ですが、右の先発というとウィーランドと井納しかおりません。

飯塚、綾部、京山、平良あたりの台頭は必須だと思います。打撃の方は特に心配していません。

大和選手の加入も好材料。今年はショートの守備でイラつくことも無いでしょう。


中 桑原
游 大和
左 筒香
一 ロペス
三 宮崎
捕 戸柱
右 神里
二 倉本


注目選手 大和選手

一番期待しているのはやはり守備ですね。ショートの前任者があんなですから彼の守備範囲の

広さは嬉しい限りです。またセンターの守備力も相当高いので桑原にも良い刺激になるで

しょう。足も速いのでウチの弱点の一つ機動力の活性化にも良い影響があるはず。打つ方

は.260で十分。数字以上の貢献があると信じて疑いません。




つづく
5位 日本ハムファイターズ

大谷選手が抜けた穴は予想以上に大きいですね。そりゃ一人で4番とエースの働き

でしたからね。どこのチームだって4番とエースいなくなればそりゃ厳しいですよ。

近藤選手が復帰する攻撃面は良いとしても投手陣は正直不透明。ただこのチーム

いきなり若手が戦力になることもありますから、そうなったときは怖いですがね。


中 西川 
右 松本
指 近藤
一 中田
三 レアード
左 太田
二 横尾
捕 市川
游 中島

注目選手 横尾選手

阪神高山選手と高校の同級生(日大三)高山選手は初年度新人王を獲得しました

が、横尾選手は確実に力を付けてきました。特徴はパワー溢れる打撃。昨シーズン

7本塁打を記録しましたが、今年は2ケタは間違いなくいけると思います。



6位 千葉ロッテマリーンズ

投手陣はまだしも打撃陣はかなり脆弱。ペーニャ選手と契約しなかったのも

解せない(高額を要求との噂も)長打の無い打線なんて怖くもなんもない。

真面目に村田選手の獲得を検討した方が良いと思います。開幕前の段階で

怪我ではなく不調で外国人枠が埋まらないとか信じられない。火中の栗を

拾う井口監督には球団からのサポートは期待できそうにありませんね。

100敗しても何ら不思議ではないと思います。


中 荻野
游 藤岡
三 鈴木
指 角中
一 井上
二 中村
左 菅野
右 加藤
捕 田村


注目選手 藤岡裕大選手

西武の源田選手と同じくトヨタ自動車出身。源田選手の1年先輩になりますが足も速く肩も

強い。外野も守れるのも特徴。平沢選手もいますがワタクシは密かに新人王候補だと

思っております。京田、源田両選手に続ける選手として唯一の期待といって過言では無いかも。

3位 西武ライオンズ

元々走力に優れたチームでしたが辻監督が就任してからさらにパワーアップした

印象。打力だけでも高いものがありますが、そこに走力が加わって去年は2位

と躍進しましたが課題は投手力。牧田、野上両投手が抜けましたがその穴は

埋まりそうにありません。投手力が上がれば優勝も十分狙えると思いますが。


中 秋山 
游 源田
二 浅村
一 山川
三 中村
指 森
右 外崎
捕 炭谷
左 金子


注目選手 森選手

昨シーズンは開幕前の怪我で大幅に出遅れ。1年フル稼働できませんでした。

普通に試合に出続ければかなりの数字を残せると思います。また捕手として

出場できればDHにメヒア選手を起用出来るようになり更に打線に厚みが

出ます。ホークスにも負けない打線が組めるでしょう。



4位 東北楽天ゴールデンイーグルス

高い攻撃力で昨シーズンはプレーオフ進出も西武にまくられての3位。正直尻すぼみ感が

拭えません。いかんせん主力に怪我人が出てしまうと極端に戦力が落ちてしまうという

層の薄さは否めません。外国人は強力ですが日本人でこれという選手がいないのは今に

始まったことではありませんが若手の底上げも乏しいと感じてしまいます。投手も則本投手

や岸投手など好投手は多いですがその他がどうかというところでしょうか。


游 茂木
二 藤田
右 ペゲーロ
三 ウィーラー
指 アマダー
一 銀次
左 島内
中 オコエ
捕 島

注目選手 藤平投手

高卒2年目の投手ですが初年度は3勝をあげるなど期待を持たせました。1年ローテで回れれば

かなり投手のやり取りは楽になりそう。二桁勝てるポテンシャルはあります。彼の活躍次第

ではもう少し上の順位もあるでしょう。


つづく