2017.03.17 WBC雑感
野球に飢えているのもあってついつい観てしまうのだが、ここまでの戦い方について

大いに不満だ。ほとんどの試合が打ち合いになっている。そもそも派手な試合が

私自身好きじゃないのもあるんだけど。打てるという事はいい事だとは思うが

いつまでも続かないのがお金と打線の好調だ。日本が過去に同大会で好結果を

残せたのはスモールベースボールに徹したからだろう。犠打や進塁打を打線に上手く

組み込んで長打に頼らない野球こそ日本の持ち味だと私は思うのだが・・・オランダ

戦なんか完全に打ち合いだもんねえ。打ち合いじゃ屈強な外国チームには歯が立ちま

せんよ。正直ここまでは相手に恵まれているのも事実。反対のグループなんかドミニカ

プエルトリコ、ベネズエラ、米国って死のグループじゃん。それに比べたらオランダ、

イスラエルは健闘してるとは思うが優勝出来るかと言えば?だしキューバに至っては

有力選手は皆亡命してしまい、かつての強烈な印象はもう無い。あのセペダ選手が

3番打ってるくらいですからね。正直打ち合いにしている原因は先発投手の不出来が

大きい。おとといの千賀投手は素晴らしかった。あれくらい投げてくれれば言う事

ない。先発がゼロに抑えて打線の奮起を待つというのが理想でしょう。ここまでは

勝って当然だと思ってます。問題はこれから。向こうのグループからは恐らく

ドミニカとプエルトリコが上がってくると思います。どちらも打線が強力。投手陣が

いかに抑えられるかがカギになるとおもいます。投手陣の奮起に期待したいですね。
スポンサーサイト
Secret