2017.03.05 浦和対C大阪
開幕戦、横浜Fマリノスと激しい点の取り合いの末敗れた浦和と磐田と引き分け

たJ2から昇格のC大阪との1戦。C大阪がどこまでやれるかを計るには絶好の

対戦相手といっていい。私の中では上位に来ると踏んでいるのではたして。




結果は浦和がJ1優勝争いの常連の力を見せつけた結果となった。前半22分遠藤選手

からの楔のパスを興梠選手がスルー。背後でボールを収めた武藤選手が右足を

振りぬき先制。さらに前半37分丸橋選手から武藤選手がボールを奪うとラファエル・シルバ選手に

展開。シュートは相手GKがセーブ。そのボールを詰めていた興梠選手が決めて2-0

とします。前半終了。後半7分青木選手が相手からボールを奪うとラファエル・シルバ選手に

絶妙なパス。抜け出したラファエル・シルバ選手が落ち着いて決め3-0と試合を決定づけ

ます。C大阪はCKからヨニッチ選手がヘディングで決めて1点を返しますがここまで。

浦和が3-1で勝利を飾りました。




浦和は今日は完勝でした。激しい守備でボールを奪い、奪ってから攻撃のスイッチが

入るのが異常に早く、パスも正確でC大阪を完全に翻弄していました。今日のようなサッカー

が毎回出来るようならかなり強いと思います。あと強いて言えばセットプレーの守備でしょうか。

3-0で終わってれば完璧でしたね。とはいえ文句のつけようのない試合でした。



C大阪は正直期待外れな内容に終始してしまいました。もう少しやれると思ったのですが。

金 鎮鉉、清武両選手が不在だったのを差し引いても寂しい内容でした。柿谷選手は

殆どボールが回ってこない状態でしたし、鳥栖時代、激しい守備で一世を風靡した尹 晶煥

監督でしたがそれも観られず。正直浦和に何もさせてもらえませんでした。まあ降格は

無いとは思いますが今日の内容では優勝争いは厳しいですね。ちょっと買いかぶりすぎた

のかもしれませんが・・・さらなる奮起に期待したいところです。
スポンサーサイト
Secret