2016年の草野球をいくつかの項目に分けて振り返ります。まずは打撃。


打率 .214

今年はまずは痩せて動ける体に戻すというのが大前提。なので正直打てる打てないは

あまり気にしてなかったというのが正直なところだったんですが開幕してから

明らかに打てる感がしない日々が続きました。打ってもその感覚が持続しないんですね。

手ごたえが無いというか。自分のモノになってないなというのは感じてました。

案の定ヒット数は4月、5月ともに1本ずつ。6、7、8と3ヶ月間ノーヒット

地獄にどっぷりとハマってしまいます。本当この間は酷かった。小学校2年生くらい

のレベルでしたからね。まあ今思えばこの期間があったから最後の爆発に繋がった

んだと思えますけど。とにかく波の激しいシーズンでした。来シーズンは波を無くして

とにかく安定した数字を残したいですね。その為には早い段階で自分の形を造る事が

大事だと思います。口で言うほど簡単ではないですけど、なんとかもう1度3割に

挑戦したいと思っています。


盗塁

目標は10盗塁でしたが半分しかいきませんでしたね。とはいえ減量効果で明らかに

スピードは上がりました。自分でも体が軽いし動けてる感はありましたが、これも

打撃不振の影響をモロに受ける格好になってしまいました。四球や相手エラーのみで

塁に出るのは限界があります。やはり打って出ないとここの数字は伸びないなあと。

いくらスピードが上がったとはいえ使い所が無いと意味がないですからね。

今年も継続目標として10盗塁目指したいと思います。


四球

これも打撃の調子の影響を受けてしまいました。三振少なく四球を多くが私のモットー

なんですが三振今年多かったなあ。不振故にボール球に手を出すシーンが多かったと

思います。やはり好調時はボール球振りませんし四球も多いですし、塁に出る事で

盗塁も増えると好循環になるわけです。すべては打撃次第なんですよねえ。とはいえ

調子悪いなりに四球を選んで塁に出る事は大事なので意識したい部分ではあります。



つづく
スポンサーサイト
Secret