2016.12.19 真冬の夜の夢
20161219-00010024-theworld-000-1-view[1]



前半9分ベンゼマ選手のゴールで先制されると「あ~ダメか~」と思ったけれど柴崎選手の同点ゴールで

ガッツポーズ。逆転ゴールで声が出た。なんとレアル相手にリードを奪うとは正直予想してなかった。

しかし後半PKを獲られCロナウド選手に決められてしまう。あのコースをあのスピードで蹴られたら

止めようがないと思うようなPKだった。その後は両チーム一進一退の攻防。鹿島は決して守るだけ

ではなく攻撃も仕掛けていく。守備は粘り強く、攻撃は得点の匂いがするものが多かった。しかし

このサッカーは90分が限界か。延長に入ると明らかに運動量が落ちてしまう。今まで通らなかった

パスが通りだしCロナウド選手の決定力の前に屈した。



いやあ実に良い物をみせてもらいました。勝てなかったけれど素晴らしい戦いぶりだった。

Jリーグのチームでも世界のトップレベルのチームと十分渡り合える事を鹿島が証眀してくれた。

2ゴールを決めた柴崎選手は昨年からドイツやスペイン行きが噂されていたが自らの価値を

自分で引き上げた。海外移籍は決定的と言っていいでしょう。良い選手だと思ってましたが

ここまでやるとは。一番の驚きは昌子選手。こんな良い選手でしたっけ?というくらい素晴らしい

守備でした。Cロナウド選手と1対1で負けなかったし何度も危うい処を止めていた。この試合の

MVPは彼だと思います。彼らだけではなく鹿島の選手はみんな良く走っていたし、集中していたし

球際の攻防で怯まなかった。残念ながら個々のレベルではレアルには勝てないが気持ちでは

勝っていたと思う。惜しくも優勝は逃したがレアル以上のインパクトを残したのは間違いない。
スポンサーサイト
Secret