c04a4b09e996e5a8d72eb1d2fb5164e4[1]







大混戦のW杯予選ですが光明が射したといいますか、このまま勝ち抜けるんじゃね?

と思わせるようなサウジアラビア戦でしたね。そもそもここまで苦戦の原因となったのは

自クラブで出番は無いが代表では中心選手といわれる本田、香川、岡崎の各選手の

不調だろう。そもそも日本以外のアジア各国は日の出の勢いで成長しており日本も容易く

勝てる時代はとうに過ぎ去っている。確実にW杯への道は険しくなっている。そんな中

普段試合に出てない選手が各国がガチで来てるW杯予選で活躍できるわけが無い。

名前でサッカーは出来ない。名前は無くても海外もしくはJリーグで試合に出ている選手を

使うべきと私は考えていたのだが、思惑通りの試合になった。大迫選手と原口選手は

出色の出来でしたね。大迫選手は1トップとしてこれ以上ない内容でしたしボールの収まりが

凄く良かった。貴重な2点目を決めた原口選手は良く走っていたし4戦連続ゴールは

普通に凄い事です。正直Jリーグにいた頃は両者共そんなに良い選手という印象は無かった

んですが私の想像以上に成長してますね。この二人を代表の中心に据えても良いんじゃないかと。

清武選手も今回は良かった。あのPK判定はちょっと厳しいかなとは思いますが良いパスを

出せていたし香川選手ではなく清武選手がファーストチョイスで良いと思う。ただし条件付きね。

彼も所属チームで存在感を失っている。移籍を考えるべきだと思う。やはり試合に出てない選手が

通用するほどW杯予選は甘くない。岡崎、香川の両選手はまだクラブで需要があるかもしれないが

本田選手は真剣に移籍を検討するべきだろう。このままでは代表でも存在感が無くなりますね。

とにかくこれで年内の代表活動は終了。終わり良ければじゃないけど良い気分で年を越せる

のは選手達にとっても良い事でしょう。
スポンサーサイト
Secret