Jリーグ第2ステージは浦和が優勝を決めた。選手たちは年間1位さらに

その先のチャンピオンシップを見ているのでここは通過点なので割愛します。




それより気になるのは降格争い。既に福岡、湘南の降格が決まっており残すは

1枠。可能性があるのは低い順で磐田、甲府、新潟、名古屋。ところがこの

4チームが揃って負けるというね。1チームくらい引き分けてもいいもんだが・・・

残されたのはあと1試合のみ。11月3日全てが決まります。それでは各チームの

状況並びに展望と行きましょう。




磐田 危険度C

名古屋、新潟に勝ち点3差をつけており、勝ちか引き分けで残留。負けても他の3チーム

の何れかが引き分けもしくは負けた時点で残留と圧倒的に有利。相手も仙台とそこまで

強くないので普通にやってりゃ大丈夫でしょう。


甲府 危険度B

新潟、名古屋と勝ち点1差。ダビ、ドゥドゥ両選手という飛び道具がありますがここを

潰されるとどうにもならなくなる。相手も鳥栖と4チームの中では一番強いチーム。

降格争いの経験値とベテランを並べるDFラインが持ちこたえられるか。


新潟 危険度A 

名古屋と勝ち点差同じ。得失点差で僅か3上回る。ただでさえ厳しい戦いが予想されるが

レオ・シルバ選手、ラファエウ・シルバ選手、舞行龍ジェームス選手の超中心選手3人が

次節出場停止で出られないのは超激痛。相手は昨年の王者広島とはいえ今季はイマイチ。

付け入るすきはあるがこの3人抜きはやっぱり痛すぎる。


名古屋 危険度A  

監督交代、闘莉王選手復帰という劇薬も長くは続かなかった、レアンドロ、ニウトンの両

ブラジル選手を欠く神戸に全く何もさせてもらえなかった。神戸の若手選手の引き立て役に。

かなりチーム状態はヒドイ。既に降格が決まっている湘南が相手なので一番与しやすい

相手とはいえ相当厳しいと見ている。




降格 ◎ 名古屋
   ○ 新潟
   △ 甲府
   × 磐田

以上スケキヨ降格予想でした。
スポンサーサイト
Secret