J1の年間王者を決めるチャンピオンシップ決勝第2戦を行い広島がG大阪と1-1で引き分け

2試合合計4-3で2年ぶり3度目の優勝。0-1の後半31分、途中出場の柏選手のクロス

をこれまた途中出場の浅野選手が頭で合わせて勝負アリ。広島が年間順位1位の実力通り

の結果をみせた。このあと広島はクラブワールドカップに出場する。


広島はあるクラブに選手どころか監督まで引き抜かれ毎年メンバーが変わる。それでも落ちる

どころか毎年優勝争いに絡んでくる。これはスカウトの能力の高さだと思う。空いたポジションに

前任者と同等かそれ以上の選手を連れてくる。また今回の浅野選手の様に若手の育成も上手い。

ドウグラス選手なんかここまで化けるとは予想できなかった。そのドウグラス選手が流出の危機と

報道されているがきっとまた良い選手を連れてくるに違いない。クラブワールドカップでもJリーグの

代表として頑張ってほしい。


準優勝に終わったG大阪だが、なにも恥じる事は無い。今年はACLもありどのクラブよりも試合数

をこなした。そんな状況下でここまで残ったんだから立派だと思う。前半の内容は素晴らしかったし

ガンバらしさは見えたと思う。この敗戦をモチベーションにしてほしい。宇佐美選手は来年海外移籍

が有力視されている。今後の補強にも注目だ。
スポンサーサイト
Secret