浦和レッズが最終節を待たずに1stステージの優勝を決めた。しかも無敗でだ。

あと一歩のところで優勝を逃した昨シーズンと無敗で優勝した今シーズン。

何が変わったのか?大きく変わったなあと思うのは試合の終わらせ方だと思う。

かつて4連覇を達成した鹿島や黄金時代の頃の磐田は抜群に上手かった。

昨シーズン終盤のガンバ戦。引き分けで良いのに勝ちにこだわって敗戦。その後

は言うまでも無い。その時の経験がここまでは効いている。

もう一つは特定の選手ばかりではなく様々な選手が得点を上げられる事。

相手DFとしても絞り切れず守り辛いだろう。戦力的な上積みもあったけれども

精神的に成熟した気がする。しかし、残念なのがこれがあくまでもプレーオフへの

出場権を手にしただけなんだよね。手放しでは喜べない。1stと2ndで突然

強くなったりその逆もあるわけで。ここまでの浦和の戦いぶりは立派の一言なんですけどね。

評価が低くなっちゃうのが残念だなあと。来月から2ndステージすぐ始まりますしね。

浦和は優勝の余韻に浸る暇も無いんですな。ちょっと可哀そうな気もするけど。

とにかく1stステージ優勝おめでとうございます。

スポンサーサイト
Secret