前半戦ここまでで一番の好カード。首位攻防戦になります。

サッカーやるには暑いと言って良いくらいの気温の高さ。

連戦続きの両チームには過酷かもしれない。くわえてガンバは

センターバック岩下選手、サイドバックの米倉、オ・ジェソク

両選手が怪我の為出場できず。これが後々効いてくることに。

前半は両チームいつもどうりの流れ。浦和が支配しガンバが凌ぐ

という展開。0-0で終了。後半浦和の足が止まるだろうと思って

いたが、それよりガンバの手詰まり感が感じられる。判定があれば

浦和の勝ちだなと思っていた矢先、左からの宇賀神選手のクロスに

ズラタン選手が合わせて先制。この時点でまだ時間はあったけど勝負あり

かなと思ってしまった。それくらいこの日のガンバの攻撃はイマイチだったな。

得点シーンは右でボールを奪った李選手がわざわざ左まで運んできた。

今日のガンバ右サイドは本来ボランチの小椋選手。前半から小椋選手のサイドを

浦和は狙い続けた。これが奏功す。並みのチームなら凌げたかもしれないが首位チームには

通じなかったな。これで浦和は負けなし。どのチームが土を付けるのか。

ガンバはまだACLもあるしここは切り替えて次戦に挑んでほしい。
スポンサーサイト
Secret