FC2ブログ
20200629-00000017-dal-000-1-view[1]



コロナウイルスの影響でパリーグは同一カード6連戦を行っている。この6連戦

移動が無い為、負けが続くとハマる可能性あるなあと思ってたんですが、早速

オリックスがハマってしまった。それも最初の6連戦でとは。金曜の試合を

観ていたんですが、5-2でオリックスリードの8回マウンド上には海田投手

この回先頭の清田選手の当たりはセンターへ。センターの後藤選手目測を誤り

二塁打にしてしまう。1アウト後、マーティン選手にタイムリー2ベース。

更に中村選手にもタイムリーを浴びてしまう。この時点で5-4まだ吉田一将

投手が残っているのに続投。井上選手に四球を出し、藤岡選手に逆転の2点

タイムリー2ベースを浴びてここで吉田投手と交代。明らかに後手を踏んでる

印象。なぜ海田投手を引っ張ったのか理解できない。極めつけは昨日の試合

2点を追う八回にT-岡田選手の適時打で1点差に迫ってなおも一、三塁。

ここでベンチは三走・吉田正選手に小田選手、一走・T-岡田選手に佐野選手と

代走勝負に出る。佐野選手が二盗に成功し二、三塁。ロドリゲス選手は

左前適時打で逆転と思われたが風岡三塁コーチは佐野選手をストップ。

前日の試合でレフトの岡選手の好返球で刺されたのがあったのだろうが

昨日とは岡選手の守備位置も後ろで結果送球が逸れたので回していれば

勝ち越していた。更に打者走者のロドリゲス選手が挟まれ、佐野選手は

動かざるをえなくなり三捕間で挟まれアウト同点で終わる。

後味の悪い攻撃の直後レアード選手に一発を浴びてサヨナラ負け。この6連戦
 
1点差負けが4度とけっして手も足も出ないわけでは無いし、先発が早々に

崩れてるわけでもないし、先制している試合もあるので打つ方が極端に悪い

わけでは無い。勝負処での記録に残らないエラーや走塁ミスが目立つ。すでに

ファンは限界を超えてるようで「監督の休養」は当たり前。「今年はドームに

行かない」や「こんなんだったら開幕しなきゃよかった」に加え「こうなったら

記録という記録は全部オリックスで独占してしまえ」という意見も。休養を挟んで

気持ちを切り替えたいところだが次戦からの相手は好調、山川選手配する西武。

正直、西武打線を抑えるのには相当苦労するはず。連敗が伸びる可能性はかなり

高いと思う。そうなれば西村監督の進退問題も出てくるだろう。
スポンサーサイト



Secret