G大阪2-0浦和


両チームともに直近でアジアチャンピオンズリーグの試合があったので
ベストメンバーではなかった。G大阪は米倉、阿部、パトリックの各選手がベンチスタート。
浦和は宇賀神、石原両選手がベンチ外。怪我でもしたか?
今季の補強の目玉ズラタン選手はベンチスタート。
新戦力はG大阪が赤嶺選手、浦和は高木選手がスタメンに名を連ねました。

前半は浦和がポゼッションで圧倒。G大阪が凌ぐという展開。浦和はここで
点が欲しかった。0-0で前半終了。

後半それぞれパトリック、ズラタン両選手投入。ここから試合が大きく動く。
パトリック選手投入から5分後、宇佐美選手のゴールでG大阪先制。さらに
ロスタイムでパトリック選手のゴールで勝負あり。G大阪が3冠王者の貫録を見せた。


G大阪は疲労を考慮したのか作戦か?パトリック選手を温存。
逆にこれが効いた格好。相変わらずのフィジカルお化けぶりを披露。
今年も各チーム手を焼くだろう。赤嶺選手、連携はまだまだのようだが
実に良い補強をしたと思う。基本は宇佐美、パトリック両選手の組み合わせ
だろうが、両選手の控えとしては贅沢すぎる良い選手。先発で十分
活躍できる力量の持ち主。2人に何かあっても十分穴は埋まる。
ACLとの兼ね合い次第だが、連覇もありえる。


今シーズン大補強を敢行した浦和だが、正直去年と中身は大差ない気がした。
ポゼッションでは上回れても点が入らない。持ててるんではなくて
持たされているってやつね。戦力的には上積みがあっても戦略的には
変わらない印象。これだけ良いFWがいるんだから2トップも
考えてみては?と思う。上位には来るだろうが優勝は?かなと。
関根選手は実に将来が楽しみだなと。
スポンサーサイト
Secret