FC2ブログ
20191207-00000061-jij-000-4-view[1]



横浜マリノスが2位FC東京に3-0で勝利し15年ぶりのJ1優勝。攻撃サッカー

を貫きなんと7連勝で締めくくった。中川、マルコスジュニオール両選手が得点王

得点ランク20位までに4人が名を連ねると攻撃力で他を圧倒した。昨年、降格争い

をしていたチームだが、自分たちのスタイルをブレないで貫いた結果が優勝に

導いた。シーズン途中、三好、天野両選手が海外移籍。エジカルジュニオ選手が

骨折と主力が相次いで離脱したがマテウス、エリキ両選手を獲得。落ちるどころか

さらにパワーアップした印象。フロントの本気度が伺える補強だった。

また外国人選手の技量が高いのも特徴の一つ。スカウティングの能力の高さも

特筆すべき点だろう。もう一つ驚いたのがこの選手の獲得。



20191207-43474888-gekisaka-000-3-view[1]



朴一圭選手。昨年琉球FCでJ3を優勝したGKだがJ2を飛び越しての獲得。

正直いきなりJ1で通用するのかと思ったがシーズン途中からレギュラーに定着

すると素晴らしい活躍。DFラインを高めに設定しているチームにとって足元の

しっかりしているキーパーは必須だが見事に勤め上げた。これもスカウティングの

素晴らしさだと思う。他にも当たりも強くスピードも兼ね備えるTマルティンス選手

代表に呼んで欲しい喜田選手など取り上げていたらキリが無い。これだけ良い選手が

いれば優勝するのは当たり前か。


一方、2位に留まったFC東京だが終盤のホーム2連戦での引き分けが痛かった。

大きな要因は久保選手の穴を埋められなかった事だろう。得点力が正直弱い。

ここがマリノスとの大きな違いかなと。この試合Jリーグ最多の6万3854人の

観客が集結。大いに盛り上がった首位攻防戦となった。

横浜マリノスが優勝。横浜FCがJ1昇格と横浜に良い風が吹いている。

ベイスターズもあやかりたいもんです。
スポンサーサイト



Secret