*前作 刑事物語4くろしおの詩に関してはあまり感想が無いので省略*



さて前作、高知から群馬県沼田市へ転勤してきた片山。早速立て篭もり事件発生。
本部から派遣されてきたスナイパー(なんと江夏豊さん!)と現場へ潜入。
しかし、片山は二階から転落。立て篭もり犯に救出されるというどっちが犯人か
わからない状況に。当然、所長はカンカン。いつもどうりの謹慎処分。


すると今度は毒入り牛乳事件発生。たまたま通りかかった片山が容疑者に。
牛乳が置かれていたアパートの住人の美人姉妹が狙われていると睨んだ
片山は張り込みを開始。唯一の理解者の若手刑事と二人で事件を追うが
若手刑事は張り込み中に殺されてしまう。やがて町の有力者大神が
怪しいと睨むが大神はパトカーを寄贈したりと誰も彼を疑わない。

上司である村井国夫さんも片山の熱意に押され協力。大神の義理の息子
和人が黒幕と読んだ片山は単身乗り込んでいく。

シリーズ最後となってしまった作品。上司役の村井さんが渋い。
また今回はハンガーだけでなくテニスラケットなんかも登場。
このシリーズにしては珍しく所長や同僚から別れを惜しまれるシーン
なんかもあります。年齢的にもこれ以上の続編は厳しかったのかも
しれませんがもっと続編が見たかった映画でしたね。







スポンサーサイト
Secret