FC2ブログ
20190711-00000501-sanspo-000-1-view[1]



39勝40敗2位で前半戦終了。借金が10以上あった状態から良く巻き返したと思う。

とはいえ、カープ、阪神が落ちてきてくれたのも事実。巨人の優勝は正直阻止しようが

無いと思うので2位狙いとうのが現実的だろう。先発は今永、上茶谷を中心に平良、大貫

濱口、井納(2軍降格決定)で回すだろう。ここに先発転向する石田。2廻りすると途端に

打たれる飯塚、いつ帰って来るんだ東、そしてワタクシが一番期待している今日支配下

登録された中川の争いか。期待できるのは石田と中川でしょうかね。夏休みをとっていた

エスコバーも帰ってきます。投手は先発次第でしょうかね。数は揃っているので。

打線の方は今年下位打線が好調。光と大和の下位打線は買い出しタイムでしたが今年は

違います。後は神里ですね。一番打者で三振91は頂けないですし盗塁失敗8(成功9)

はダメでしょう。打率3割近いのが唯一の救いですが一番打者としては出塁に拘って

欲しいですね。下位が出塁して上位で返す巨人のような攻撃が理想です。それでは

前半戦のMVPを上げていきましょう。


投手陣 エスコバー

10日間のお休み明けでも42試合登板。休んでなかったらもっと投げてたでしょう。(一位は

ハフ、マクガフ両投手の43)防御率は3.29ながら奪三振率は11.85チームトップ

です。160キロ近いボールをバンバン投げる姿は気持ちが良いの一言。このお休みが

良い方に出る事を期待します。後半もフル回転して欲しいですが使い過ぎは遠慮したい。



打撃陣 伊藤光

去年の打率が.177という事を考えると.253は言う事ありません。本塁打も自己最高の

8本。10本以上は行けるんじゃないでしょうか。交流戦好調だったのは彼がいてこそ

だと思います。パリーグの打者の特徴を良く知ってますしね。今年FAなんですが

チームは全力で慰留に務めて欲しいです。正直、嶺井、戸柱では心もとない。

全ての面で光を下回ってますからね。
スポンサーサイト



Secret