FC2ブログ
f-nsp161101_ota-w500_0[1]



日本ハムの藤岡、鍵谷両投手と巨人の吉川光投手と宇佐美捕手のトレードが成立した。

この両チームのトレードは実に多く2003年以降12回を数える。印象で言うと日ハム

の方が良いトレードになっている印象が強い。太田選手、公文投手はともに1軍戦力

として活躍しているし矢野さんも代打で良い活躍をした。ワタクシなりに今回のトレード

を分析してみたいと思う。まずは日ハム側。吉川光投手は出戻りとなるが正直何故

吉川光投手なのかは疑問だ。日ハム時代は完全に燻っていたし巨人に移籍してからも

正直変わり映えしなかった。出戻って活躍できるかは正直難しい気がする。宇佐美選手は

逆に楽しみだ。打てる捕手はどこのチーム欲しいし、日ハムの捕手陣は右打ちの選手

しかいない。炭谷捕手の加入で立場が厳しいのは明白で出番が限られているのが現状。

DHでの起用もあるだろうし本人にとって大きなチャンスであるのは間違いない。一方の

巨人。まずは藤岡投手。2011年のドラフトの目玉選手だった(横浜も1位指名しました)

ロッテから日ハムに移籍しても活躍できず正直大学時代がピークと言われても仕方がない。

今回はセリーグへの移籍なのでハマる可能性は否定は出来ないが。巨人として欲しいのは

鍵谷投手だったのだろうと思う。現状最大の問題は中継ぎ投手。この補強ポイントにピタリと

ハマる。入団以来毎年最低でも20試合は投げているし点差があまりないビハインドの状況

で投げる機会が多い印象だが勝ちパターンでも投げられる実力もある。中央大学出身で

同校OBの多い巨人というのも環境的にはプラスに働くだろう。宇佐美捕手、鍵谷投手

は大いに活躍する可能性があると思う。日ハムの投手は巨人に限らずセリーグで活躍する

印象が強いし巨人の選手は日ハムへ行って化ける選手が多い印象。両チームにとって

良いトレードになる可能性がありそうだ。
スポンサーサイト
Secret