FC2ブログ
球界に名を残す選手達が相次いで現役にピリオドを打つ。まずはここのところ

無茶苦茶強いライオンズさん。松井稼頭央選手が引退を発表した。



20180926-00342425-nksports-000-8-view[1]





2000本安打にトリプルスリー達成など走攻守全てにおいて強い印象を残した。

今季楽天から移籍したが戦力としてというより野球に取り組む姿勢を若い選手が

多いチームにプラスに作用すると見越してのものだろう。チームの好調の要因

の一つと言っても過言ではない。コーチとしての能力も高そうだ。


20180926-00000016-sph-000-7-view[1]




ドラゴンズさんからは浅尾投手が引退。もっとも印象に残るのは11年の活躍。

防御率0.41という驚異的な数字を残した。150キロ後半の速球を連発。抑えの

岩瀬投手とともにマウンドに上がると終わった感がありましたねえ。しかし翌年から

右肩痛に悩まされかつての快速球は見られませんでした。また球界屈指の

イケメン選手で結婚してからも女性人気は常に高止まりでしたね。



20180926-00000040-spnannex-000-2-view[1]




マリーンズさんからは岡田、大隣の両選手が引退。岡田選手は驚異的な守備力で

観客を沸かせました。快足を武器に球界でも1、2を争う守備範囲の広さを誇りますが

ここ数年は打撃が不振で出場機会も限られていました。是非、守備コーチに就いて

もらって技術を若い世代に伝授して欲しいと思います。ワタクシも教えて欲しい。

大隣選手は病気との闘いになってしまったのが残念。黄色じん帯骨化症という難病

との闘いは同チームで闘病中の南投手のサポートになると思います。

この時期はやはりこの手のニュースが多いですね。残念ですが皆さんの第二の

人生を応援したいと思います。皆さまお疲れ様でした。
スポンサーサイト
Secret