FC2ブログ
20200316-00723168-fullcount-000-3-view[1]



ソフトバンクは16日、育成選手だった尾形崇斗投手と砂川リチャード内野手を

支配下登録選手に昇格させると発表した。まず尾形投手。昨年ウインターリーグ

に派遣されストッパーを任され10試合で3セーブを挙げて、防御率0.77。11回2/3で

23三振を奪い、奪三振率は「17.74」だった。MAX152キロのストレートが持ち味。

オープン戦でも計5試合に投げて無失点、防御率0.00と結果を残して、支配下への

切符をつかみ取った。先発でも中継ぎでもどちらでもイケそう。甲斐野投手が

離脱中とあって活躍の場はありそうだ。リチャード選手もウインターリーグに派遣

されていたが、こちらも3本塁打14打点はどちらもリーグトップの二冠王と結果を

残した。同じ沖縄出身の西武の山川選手に師事しておりパワーヒッターとして

期待がかかる。内川選手の後を担う一塁手となりえる存在。また兄はメジャー

リーガーでシアトルマリナーズの投手として活躍している。しかし、ソフトバンクの

育成選手はクオリティが高いですね。これだけの選手を獲得してくるスカウト。

また育て上げる優秀なコーチがいる訳ですからポンポン良い選手がでてくる

訳です。もちろん本人の努力もあると思います。外国人のレベルも高い

ですし、こりゃ当分ソフトバンクの牙城は崩せそうにありませんね。
スポンサーサイト