FC2ブログ
前回のおさらい

宝塚記念

キセキ 2着
レイデオロ 5着
ノーブルマーズ 6着


当たらない当たらない言ってたら6月も終わりでっせ。今月的中無しで終わって

しまうのでしょうか?そうなりそうな気がしております。なんとかしないと。

では、予想。

CBC賞

ラインスピリット
ビップライブリー
レッドアンシェル

馬単BOX 300円


ラジオNIKKEI賞

ディキシーナイト
ブレイブメジャー

馬単ウラオモテ 500円ずつ



前回 -1800円   トータル -62160円
スポンサーサイト



20190626-06260995-nksports-000-1-view[1]



日本のプロレス界を長年にわたり盛り上げてきた長州力さんが引退した。引退試合は

越中詞郎選手、愛弟子石井智宏選手と組んで長年のライバル藤波辰爾選手

武藤敬司選手、長州さんの付き人だった真壁刀義選手と対戦。試合は真壁選手の

ニードロップ4連発で長州さんが敗れた。長州さんは98年に一度引退しているが

例の大仁田劇場で電流爆破マッチで復帰しているので2度目の引退となる。長州さんと

いえば「かませ犬」発言で藤波選手に反旗を翻し一気にスターダムへのし上がった。

当時小学生だったワタクシは金曜20時の中継に夢中でした。藤波選手との「名勝負数え歌」

は本当に熱かった。45年に及ぶ波瀾万丈のレスラー人生。天龍さんも引退されたし

子供の頃のヒーローが去っていくのは物悲しいが十分やったと思う。本当に長い間

お疲れさまとしか言えない。
我が横浜は10勝7敗で4位。セリーグでいえば巨人さんに続く2位だった。一言でいえば

十分健闘と言って良いだろう。何しろこの交流戦通算成績でも12球団最低ですし

3勝しか出来なかったシーズンもあるのでワタクシ的には良い思い出なんかない。

この3勝という記録、恐らく今後破られる事ないでしょうね。本当弱い。勝ち越しで終えたのは

2014年以来。勝ち越したのは4度目ですから負の歴史しかありませんですよ。ところが

今年は大和がサヨナラ連発したころなんかひょっとしたら優勝しちまうんじゃないかと

一瞬思いましたもんね。ホントどうした?って感じです。先発が安定していたのも事実

ですが投手でいえばエスコバーが良く投げてくれた。ちょっと投げ過ぎなんじゃないかと

いうくらい160キロ連発でしたもんね。打つ方はソトでしょうか。打率は見るもん無いですが

ホームランが良くでました。筒香が不振の中よく頑張ったと思います。阪神さんと6ゲーム差

あったのが2.5まで巻き返してきました。リーグ戦今日から再開となりますが今永、上茶谷

平良と3本柱が確立出来ましたし、ここに東、濱口が入って来てくれれば先発陣は安泰

だと思います。まずは阪神さんとの対戦成績を改善することが最大の懸念材料でしょう。

せっかく詰まったゲーム差を戻さないようにしたいところです。ここからオールスター

までをどう戦うかが大きなカギを握りそうな気がします。
f-nsp161101_ota-w500_0[1]



日本ハムの藤岡、鍵谷両投手と巨人の吉川光投手と宇佐美捕手のトレードが成立した。

この両チームのトレードは実に多く2003年以降12回を数える。印象で言うと日ハム

の方が良いトレードになっている印象が強い。太田選手、公文投手はともに1軍戦力

として活躍しているし矢野さんも代打で良い活躍をした。ワタクシなりに今回のトレード

を分析してみたいと思う。まずは日ハム側。吉川光投手は出戻りとなるが正直何故

吉川光投手なのかは疑問だ。日ハム時代は完全に燻っていたし巨人に移籍してからも

正直変わり映えしなかった。出戻って活躍できるかは正直難しい気がする。宇佐美選手は

逆に楽しみだ。打てる捕手はどこのチーム欲しいし、日ハムの捕手陣は右打ちの選手

しかいない。炭谷捕手の加入で立場が厳しいのは明白で出番が限られているのが現状。

DHでの起用もあるだろうし本人にとって大きなチャンスであるのは間違いない。一方の

巨人。まずは藤岡投手。2011年のドラフトの目玉選手だった(横浜も1位指名しました)

ロッテから日ハムに移籍しても活躍できず正直大学時代がピークと言われても仕方がない。

今回はセリーグへの移籍なのでハマる可能性は否定は出来ないが。巨人として欲しいのは

鍵谷投手だったのだろうと思う。現状最大の問題は中継ぎ投手。この補強ポイントにピタリと

ハマる。入団以来毎年最低でも20試合は投げているし点差があまりないビハインドの状況

で投げる機会が多い印象だが勝ちパターンでも投げられる実力もある。中央大学出身で

同校OBの多い巨人というのも環境的にはプラスに働くだろう。宇佐美捕手、鍵谷投手

は大いに活躍する可能性があると思う。日ハムの投手は巨人に限らずセリーグで活躍する

印象が強いし巨人の選手は日ハムへ行って化ける選手が多い印象。両チームにとって

良いトレードになる可能性がありそうだ。
2019.06.26 君がいたから
今日ご紹介するのはFIELD OF VIEWのデビュー曲「君がいたから」です。90年代を

席巻したビーイングプロデュースのグループ。「WANDS」「DEEN」と続くビーイング

お得意の男性グループ。FIELD OF VIEWはviewというバンド名でデビュー。

2枚シングルをリリースするも鳴かず飛ばず。FIELD OF VIEWとバンド名を変えて

再デビューします。作詞坂井泉水さん、作曲織田哲郎さん、さらにドラマの

タイアップまでつけました。これで売れなきゃ嘘だろうってな感じです。

これで一気に人気がでましたね。カップリング曲の「セピア」

も良い曲でしてこの曲目当てで1stアルバム買いましたもん。




2019.06.25 闇営業問題
TV
20190624-00000150-dal-000-5-view[1]



吉本興業が反社会団体の忘年会に出席した芸人11名の謹慎処分を発表した。

当初は反社会団体とは知らなかったとか金銭の授受は無かったという話だったが

実際は金銭の授受があったとされる。保身のために嘘をついてしまったのが

さらに傷口を広げてしまったということから印象は極めて悪い。「アメトーク」や

「ロンドンハーツ」などワタクシも大好きな番組にも影響が出るのは避けられない。

最悪打ち切りなんてことも無くはないだろう。大変残念だとしか言いようがない。

嘘の代償はとてつもなく高くついてしまった。いずれこうなるのであれば早々に

真実を明かして欲しかったと思う。
20190624-00000035-tospoweb-000-1-view[1]



ホークスが8度目の交流戦優勝を決めた。15年目となる交流戦だが今年もホークスか

という印象。そして今年もパリーグが強かった。とはいえホークスは今年は盤石では

無かった。森、今宮、バンデンハーク、東浜、柳田、中村晃の各選手らが不在もしくは

離脱していながらこの結果。もし万全の状態だったらと思うとゾッとするくらいの結果

だったかもしれない。若手を使い育てながらも結果を出すんですからたいしたもんです。

怪我を抱える選手をけして無理使いしないあたりは今後の事も考えての事だろう。

それだけ替わりの選手がいるという強みがあるのは大きい。ちょっと他球団はマネが

出来ない。もはやリーグ優勝、日本一3連覇は揺るがないか。そして狙うは球団4度目

となる、交流戦、リーグ優勝、日本シリーズの完全制覇がかなり有力になってきた。

待ったをかけるチームがあるのか。パリーグの他チームの巻き返しにも期待したい。
2019.06.23 宝塚記念
前回のおさらい

ユニコーンS

デアフルーグ 7着
ヴァイトブリック 11着


函館スプリントS

アスターペガサス 2着
タワーオブロンドン 3着
ペイシャフェリシタ 5着


やっぱりと言いますか、案の定と言いますか当たりませんね。

どうすれば良いのか完全に見失っております。今週も期待できなさそう。

では、予想。


宝塚記念

キセキ
レイデオロ
ノーブルマーズ

馬単BOX 300円


前回 -2800円   トータル -60360円
201906210000295-w500_6[1]


NBAドラフトで日本人が指名されるという夢のような話が実現した。まさに快挙と言って良い。

指名されるだけでも凄い事だが1巡目の指名となるとさらにスゴイ。NBAでは1巡目と

2巡目各30人しか指名されない。その中で一桁指名なのだからかなり期待されての

指名だろう。ゴンザガ大学といえば、かめさんの好きなストックトン選手がOBでは有名。

ウィザーズはあのマイケルジョーダンもプレイしたチーム。けして弱小チームでは

ないようだが出番が限られる強豪という訳でもない。十分試合に出れる環境だと

いえる。NBAもそうだがNFLも日本人にとっては狭き門。バスケットをやっている

子たちにとっては大きな指標となり夢を与える存在になるだろう。日本代表も

彼の活躍でW杯の出場も決まった。今後の活躍が多いに楽しみである。
聖子さんのコンサートは2年前に武道館に行ったんですが、その時は聖子さん怪我で

座っての歌唱だったのですが、今回は初めて立って歌う聖子さんを観ました。前回も

思ったのですがステージ上の電飾やセットが派手で分かりやすく言いますとパチンコ台

みたいでしたね。残念ながらワタクシの聴きたかった曲はアコースティックバージョンや

メドレーになってしまったのが残念でした。この日はツアー初日だったようで来年デビュー

40周年を迎える聖子さん。残念ながら全盛期の頃のキーではありませんでしたけど

これだけ大きなハコで何年もツアーをやれるのはスゴイの一言です。長年応援している

ファンが多い証拠でしょう。Wアンコールまであり全曲シングルという事もあり知らない

曲はほぼ無く十分に楽しめたと思います。



おわり