FC2ブログ
20190314-00313369-footballc-000-2-view[1]



日本サッカー協会は22日のコロンビア戦と26日のボリビア戦の代表メンバーを発表。

初招集4人の中の2人、安西選手と畠中選手は元々はヴェルディユースの同期で

同い年の間柄。現在はそれぞれ鹿島と横浜に所属している。安西選手は左右両サイドバック

をこなしACL制覇に大きく貢献した。畠中選手は引退した中澤さんの後継者として

期待がかかるセンターバックだ。まだ両者ともに23歳の若さ。今後が非常に楽しみな

存在だ。しかし、代表で10番を背負う中島翔哉選手もヴェルディユース出身。二人の

ひとつ先輩にあたるのだが、改めてヴェルディユースの育成力の高さに驚かされる。

そしてこんなに良い選手を輩出しているのにチームは一向にJ1に上がれずにいるのも

不可解としか言いようが無い。そういえば中澤さんもヴェルディ出身だったな。ヴェルディ

といえばJリーグ発足当時、カズ選手やラモスさんらを配しムカつくほど強かった。

2008年を最後にJ1から遠ざかっている。もう11年J2にいるんですね。やはりかつての

強豪のこういう姿はあまり観たくないなというのが率直な感想ですがロティーナ監督が

去った今季も苦戦が予想されるのが現状。良い選手はいるだけに現状は歯がゆい

としか言いようがない。
スポンサーサイト