FC2ブログ
東あずま倶楽部様 6-3 勝利


DSCN1418.jpg



前日もそうでしたが、本日は風も無く気温もこの時期にしては高めで何をするにも良い

天候です。この時期はやはり風ですわな。風さえなければなんとかなるもんです。




DSCN1419.jpg



例年より1週早く前倒しでオープン戦開幕。絶賛調整遅れのワタクシの諸事情など

待ってくれません。体は絞れてないしまだまだ打撃は固めている最中ですから

そう簡単にヒットが打てるわけない事はこれだけ長くやってればわかります。

とりあえず守備などで迷惑をかけないようにするだけです。


DSCN1420.jpg



7番ライトでスタメン出場です。相手先発投手はこの時期の投手にしては速い球を

投げますが初回コントロールが安定せずランナーが溜まったところで大矢選手の

タイムリーで先制。初回に3点を奪います。その後も常にリードを奪い続けなんとか

初戦を白星で飾ることが出来ました。とはいえ打撃の方は大矢選手以外は低調。

4安打でよく6点も獲れたなと。まだまだ各選手はこれからという感じです。

ワタクシは初回に四球を選べたのは良かったかなと思います。打てなくても最低限

の仕事は出来たかなと。守備は機会がありませんでした。残念。


第1打席 四球
第2打席 死球
第3打席 游フライ

1打数無安打 2死四球 1盗塁


試合が終われば自転車です。天気は良いのですが風が出てきまして向かい風。




DSCN1421.jpg




DSCN1422.jpg




もうほぼほぼ海というところまで来ました。こういう生活をしてれば体も絞れるでしょう。
スポンサーサイト
DSCN1406.jpg



今日は浅草にやってまいりました。昨年の7月Z会の番外編で来て以来となりますね。

当時はまだ二号君はバリバリ元気だったんだよなあなんて思い起こしてしまいました。



DSCN1407.jpg


てっきり昨年同様、商業施設の中に入っている会場だと勝手に思い込んでいたんで

浅草ROXの中にあると思ったら大違い。慌てて浅草ROXを飛び出します。なんとなく

近辺にあるだろうと思ったのでキョロキョロすると案の定、角を曲がったところに

ありました。この時、開演5分前。




DSCN1408.jpg



何とか間に合いそうでなにより。




つづく
2019.02.26 J2昇格予想
優勝 柏レイソル

まさかのJ2降格も大本命には違いない。最大の補強はネルシーニョ監督の復帰だろう。

2009年途中から監督に就任すると、2010年J2優勝で昇格。その勢いのままJ1も

制するなど間違いなく名将。また独自の人脈による有能な外国人選手を連れてくる能力

も高く優勝に大きく貢献したジョルジ・ワグネル、レアンドロ・ドミンゲス選手は記憶に新

しい。日本代表伊東選手は移籍したが、代表キーパー中村選手、エースFW

クリスティアーノ選手は残留しました。J2を戦うノウハウもありますし

ぶっちぎりの優勝もあり得ると思います。


2位 大宮アルディージャ

昨年J1長崎を率いた高木監督を招聘。昨年のJ2得点王、大前選手、J1名古屋でもプレイ

したシモビッチ選手が残留。さらに長崎で高木監督と戦ったエースFWファンマ選手も

獲得し攻撃陣は凄みを増した印象。さらなる補強も考えられます。攻撃陣だけならJ1

レベル。守備が課題でしょうか。高木監督はJ1よりもJ2経験の方が長い監督。

J2を知り尽くす監督ですからこちらも大きな補強と言えるでしょう。


入れ替え戦 ジェフユナイテッド千葉

J2で9年目を迎える。正直いつまでJ2にいるんだと言いたくなるが、今年は大きなチャンス

だと思う。ファン・エスナイデル体制も3年目を迎え戦術の浸透が進みます。J2での大きな

問題が有力選手の引き抜き。これが戦術の浸透を阻む最大の要因ですが、今年は例年に

無く主力の流出が無い。そこに元代表FW佐藤寿人選手、東京ヴェルディからピニェイロ

選手、ブラジル代表経験のあるピニェイロ選手(ピニェイロ選手が2人いるんですね)と

攻撃陣は厚みを増しました。今年昇格できなければいつするの?という印象です。



他にも手倉森さんが監督就任した長崎、16年J1得点王のウタカ選手を獲得した甲府も

チャンスがあると思います。昨年は最終節までもつれた昇格争いですが、今年も

大混戦となるのは間違いなさそうです。
2019.02.25 ライト購入
ある平日の朝、いつもの通り自転車で会社へ向かう途中何かが割れるような音。

なにか踏んだのかなと思いきや、よく見るとライトが無い。どうやら走行中に落ちて

割れたようだ。なんでこんなに冷静かというとこのライト使えないのである。



DSCN1266.jpg




とにかく照射力が弱いし、デカイんですよ。ワタクシ操作性を上げるためにハンドルを

切って短くしているのであまりアクセサリーを付けるスペースが無いんですよね。

全くもって気に入って無かったんですよ。ですから買い換えたいなと思ってたんで

正直丁度良かったな、なんてね。で、早速購入。



DSCN1423.jpg




DSCN1424.jpg




いやあ実に良い。まず小さいんですよね。非常にスペースを取らない。これは良い。

ただ問題は照射力ですがこれがまた素晴らしく明るい。小さいのに明るいって

いう事ありません。さらにこれ電池では無くてですね、USB充電式。唯一の不安は

ここだけですかね。電池が切れたらどうにもならないんで豆に充電するのみですね。
前回のおさらい

京都牝馬S

アルーシャ 4着
ミスパンテール 5着
ベルーガ 12着
ディメンシオン 取り消し


ダイヤモンドS

ユーキャンスマイル 1着
ソールインパクト 4着
グローブシアター 6着



フェブラリーS

インティ 1着
ゴールドドリーム 2着
サンライズソア 6着
オメガパフューム 10着


小倉大賞典

スティッフェリオ 1着
ナイトオブナイツ 4着
エアアンセム 5着
マウントゴールド 6着
マイスタイル 10着


1レースは的中したもののガッツリ赤字というね。厳しい結果ですな。
今年は好調が長続きしませんね。今はひたすら我慢の時です。では、予想。


中山記念

ウインブライト
ラッキーライラック
ディアドラ
ステルヴィオ
エポカドーロ
トルークマクト

馬単BOX 300円


阪急杯

レッツゴードンキ
ロジクライ
ラインスピリット
スターオブペルシャ
コウエイタケル
ミスターメロディ
スマートオーディン

馬単BOX 300円



前回 -9150円   トータル -40200円

浦和

例年補強はするんですが「本当に必要?」って思う事もあるんですけど今年は

的確だなと。GK以外は控えと主力の力量差を感じさせません。とはいえ

恐らくチーム的に狙うのはACLでしょうからリーグはそこまで力を入れてこないの

ではと思います。とはいえ最低でもACL出場権は獲れる力はあるでしょう。


注目選手 DF 山中選手

横浜Fマリノスから今季加入。柏出身という事もあり以前から応援していた選手

なんですが左足の精度はかなり高い。代表でも活躍できる選手だと思います。



FC東京

昨シーズンは序盤2位をキープしていましたが失速。その要因は得点力不足。

そこは改善されているとは言えませんがその他は高レベルを維持しています。

恐らくFWもこの後補強してくる可能性があると思います。攻撃力次第かなと。

(グレミオから長身FWのジャエル選手を獲得したそうです)

注目選手 MF ナ・サンホ選手

昨シーズンの韓国2部リーグの得点王でMVP。22歳ですでにA代表デビュー済み。

登録はMFですがFWでの起用になるでしょう。まだ若いので将来を見据えた獲得

でもあるでしょうが1年目から期待したい選手です。



札幌

ペトロヴィッチ監督の戦術がここまでハマるとは思ってませんでした。今までは残留する

のが目標みたいなチームでしたが今やACL出場権を争えるチームとなりました。エース

都倉選手は移籍してしまいましたが、長崎でブレイクした鈴木武蔵選手が加入。

いよいよ機は熟したかもしれません。


注目選手 FW 鈴木武蔵選手

昨シーズン長崎で11ゴール。ずっと期待されていた選手でしたが遂に覚醒した

感があります。エースFWとしてどれだけ活躍できるかがチームの命運を握るでしょう。




鹿島

ジーコさんがテクニカルディレクターに就任してから一昔前の強い鹿島が戻ってきた感じが

します。昨シーズン途中でかなり主力が抜けましたがそれでもACL制覇は立派。正直

補強は控えめですが若手の底上げがあるのであまり気になりません。試合運びの

上手さ、悪いなりに結果を出せる強みがあります。ACLかリーグどちらかを手に

する可能性があると思います。


注目選手 FW セルジーニョ選手

ジーコTDが連れてきた選手でACL制覇の原動力となりました。途中加入でこれですから

フルで参戦する今年はどれだけ活躍するのか大いに期待しています。


川崎

3連覇の可能性は大だと思います。今まではわりと日本人中心のメンバーで戦ってきましたが

今年はブラジル人選手3人を補強。昨年より明らかに戦力は厚みを増しました。多少の

怪我人が出ても問題無いでしょう。今年もこのチームを中心に回るでしょう。



注目選手 FW レアンドロ・ダミアン選手

ブラジル代表経験がありロンドン五輪の得点王。なんでこんな選手が日本に来るんだと

思える選手。昨年までの川崎に無かった高さを持っています。スーパーカップで観ました

が守備もしっかりやるのは意外でした。今年得点王争いが出来る選手だと思います。

非常に楽しみな存在です。
今日ご紹介するのはEvery Little Thingの「出逢った頃のように」です。1997年のリリース。

当時、次郎君の奥さんが良く歌ってた記憶があります。拘置所君の奥さんもファンだとか。

この頃のEvery Little Thingは五十嵐充さんも在籍していて3人体制でした。一番

Every Little Thingが流行っていた頃といっていいでしょう。当時知らない人いなかった

と思います。ワタクシはやはり五十嵐さんの存在は大きかったと思っています。殆どの

曲を作ってました。脱退後はday after tomorrowをプロデュースして成功を納めます。

けして今のEvery Little Thingが良くないという訳ではありませんが、あの曲調は良かった

なあと思います。この頃は出す曲のほとんどがヒットしてましたからね。もう20年以上前

の曲なんですねえ。



名古屋

昨年の得点王ジョー選手は今年も結果を出しそうです。外国人のレベルはリーグ

上位ですが、日本人とのレベル差があり残留争いに巻き込まれましたが緊急補強

でなんとか凌ぎました。そのベースにさらに実力者を補強。外国人頼みからの脱却

を狙います。就任3年目となる風間監督の戦術も浸透。残留争いからは抜けそうです。


注目選手

MF 米本選手

FC東京から移籍。前線には好選手が多い印象ですが守備に不安を残すチームに

とって中盤の守備を安心して任せられる存在。フル稼働出来れば攻撃力は高い

チームですから期待は大です。


仙台

天皇杯準優勝。若い選手が中心でまだ伸びしろはありそう。補強も的確ですが

上位を賑わせるにはまだ早いかなと。リーグ最下位レベルの強化費ですから

十分健闘しているとは思いますが中位くらいが定位置になりそうです。


注目選手

FW ジャーメイン良選手

もともとポテンシャルは高い選手。一瞬のスピードが自慢で昨シーズンブレイクの

兆しは見えました。今季一気に注目を浴びる存在になるかもしれません。


G大阪

一時は降格の危機も途中、宮本監督就任で9位まで順位を上げました。とはいえチーム状態

は世代交代の真っ最中でまだまだこれからの印象です。補強もしっかりとやってきました。

育てながら勝つ土壌はあると思います。ACL圏内くらいはあるかもしれません。


注目選手

DF 金英権選手

W杯2大会連続出場中の押しも押されぬ現役の韓国代表主力DF。かつては東京・大宮

でもプレーしているのでJリーグでのプレーも問題無いでしょう。韓国人選手も多い

チームなのでプレイする環境は問題ありません。コンビを組む代表の三浦選手との

コンビはリーグ最強レベルだと思います。


神戸

元スペイン代表ビジャ選手の加入でまたもや大物選手がやってきましたし、山口

西、代表経験のある両選手を獲得するなどさながらJリーグのジャイアンツといった

ところでしょうか。ただ守備は前線、中盤と比べると弱い印象。新加入選手が多いので

連携面も不安です。中位からACL圏内くらいまでが妥当じゃないでしょうか。


注目選手

GK 前川選手

父は元日本代表GKであの「ドーハの悲劇」のメンバー。昨シーズン終盤に4試合出場

しました。同ポジションには韓国代表、金承圭選手がいますがレギュラーを狙える

可能性はあると思います。



広島

昨シーズン2位。終盤大失速で優勝争いを味気ないものにした戦犯。理由はエース

パトリック選手の離脱。依存脱却へ向け補強も敢行してきましたがACLも戦うことを

考えると難しいシーズンになりそうな気がします。パトリック選手が不在でも戦える

整備造りが大きな課題になると思います。


注目選手

DF サロモンソン選手

スウェーデン代表経験のある選手で右サイドのスペシャリスト。かつて在籍していた

ミキッチ選手を彷彿とさせます。守備、攻撃ともにどれだけやれるか注目しています。
C大阪

東京ヴェルディを入れ替え戦に導いたロティーナ監督が就任しましたが、主力の

山口、山村、杉本各選手の移籍で戦力ダウンは否めません。補強はしてきましたが

移籍した選手の穴が完全に埋まるとは思えず、ロティーナ監督の戦術、新加入選手

がフィットしないと思わぬ苦戦を強いられるかもしれません。

注目選手 

FW都倉選手

移籍した杉本選手の後釜として期待される。30歳を超えてなお自己最多ゴールを

更新するなどまだ成長を続けている。チームの浮沈のカギを握る存在。




横浜Fマリノス

主力の多くが退団。新戦力は全くの未知数で不安が多い。昨シーズンよりも

苦戦する可能性が高いと思っています。若い力でどこまで頑張れるか。

注目選手

MF 三好選手

昨シーズン札幌でも活躍した東京五輪世代。チームのサッカーにハマれば

代表に呼ばれる可能性が高いと思える選手。楽しみな存在です。



鳥栖

フェルナンド・トーレス選手の加入で注目を浴びましたが懸念していた通り彼を活かす

選手の不在が響きました。その反省を踏まえ監督を変え更に外国人の補強を敢行

しました。バルセロナにも在籍したクエンカ選手に期待がかかります。


注目選手

MF クエンカ選手

昨年は多彩な攻撃陣を活かせる選手がいませんでした。その大役を一手に担う存在

となりうる選手として大きな期待がかかります。フェルナンド・トーレス選手との

スペイン連携は注目です。



湘南

昨年ルヴァンカップを制覇して念願の初タイトルを獲得しました。そろそろ残留争いから

卒業したい。昨シーズン殆ど機能しなかった外国人選手は一新して日本人選手は

かつて在籍した選手を中心に補強してきました。優勝争いは無理でも中位争い

出来る陣容は整ったと思います。


注目選手

FW 指宿選手

ポスト役として大きな期待がかかる。195cmの長身FWだがポテンシャルを持て余して

いる印象。湘南スタイルでの覚醒を期待したい。
いよいよ今週末Jリーグ開幕となります。というわけで恒例順位予想行ってみます。

まずは降格争いからザックリ予想してみます。


清水

正直、去年と陣容は変わらないかなと。若い選手が多いので補強する必要が

無いのかもしれませんが戦力的上積みも無い気がしています。若いチームなので

一気に上がれば下がる可能性もあるチームだと思います。

注目選手

DF 立田選手

ユース上がりの長身センターバック。右サイドバックもこなす器用さもある。

東京五輪世代だがフル代表に呼ばれても驚きはないポテンシャルがある。



磐田

昨シーズン入れ替え戦を制してなんとか残留。しかし昨年と変わらぬ陣容では今季も

苦戦は必至でしょう。攻撃力不足なのは明らかですが前線には大久保、川又両選手

がいます。問題は彼らに良いパスを出せる選手がいない事。中村選手がフル稼働

出来ればですが年齢的に多くは望めないかと。今季も点が獲れない気がします。

注目選手

FW ロドリゲス選手

Jリーグ初のルクセンブルグ代表選手。まだ24歳と若く化ければ面白そう。


松本

反町体制8年目に突入。チーム戦術は熟成されているがやはりJ1を勝ちぬくには

戦力的には厳しいかと。補強もJ2の選手が中心で初、もしくは久しぶりのJ1という選手

も少なくない。希望は新加入のFWペレイラ選手。彼が爆発すれば残留の可能性はある。


注目選手

FWペレイラ選手

190cmの長身FW。万能型のFWらしいが良くも悪くもチームの浮沈は彼次第

だと思う。もし不発に終わるようだとかなり苦しくなると思う。


大分

片野坂監督の戦術頼み。補強はかなり地味ですし、全体的にJ1経験者も少なく苦戦は必至。

個々の能力で対抗するのは難しいが片野坂監督のサッカーをどれだけ選手が体現できるか。

せめて外国人補強くらいはしてほしいところですが、資金的にも厳しそうです。


注目選手 

特になし