FC2ブログ
20190108-00000180-spnannex-000-2-view[1]



サッカー日本代表を長きにわたりけん引してきた、横浜マリノスの中澤佑二選手と

名古屋グランパスの楢崎正剛選手が期しくも同日に引退を発表した。

中澤選手は高校時代までは全くの無名選手で高校卒業後、単身ブラジルに渡り

武者修行。帰国後ヴェルディ川崎の練習生として契約。その後横浜マリノスに

移籍して代表の常連に定着する。2006、2010と2回のW杯にも出場。練習生から

代表まで登り詰めた苦労人。左膝の怪我の回復が思わしくなく引退を決めた。

ワタクシと全く同じ個所の故障で引退。他人事とは思えない。


楢崎選手は4度もW杯代表として選出。Jリーグ最多出場記録保持者でもある。

抜群の安定感で個人的にも好きな選手だった。2010年には名古屋を主将として

初優勝に導くなどGK初のMVPにも輝いた。記せずして同日アマレスの吉田沙保里

選手も引退を発表。競技を問わず偉大な選手の引退がこの日は相次いだ。

小笠原選手、川口選手もユニフォームを脱ぐ。そして今日、日本代表はアジアカップ

初戦を迎える。日本代表は彼らに対し恥ずかしくないプレーをして欲しいと思う。
スポンサーサイト