FC2ブログ
20181218-00000108-dal-000-12-view[1]



Jリーグの年間表彰式が行われMVPには2連覇を達成した川崎Fから家長選手が

選ばれた。川崎Fからは2016年の中村憲剛選手、2017年の小林悠選手と

同一チームから3年連続のMVP受賞となった。家長選手は元日本代表でG大阪で

キャリアをスタート。これまでにスペイン、韓国でもプレー。昨シーズンから川崎で

プレーしている。若い頃からかなり期待されていた存在だったが気が付けば30過ぎ。

優勝や個人タイトルには縁が無かったがここへきて今が選手としてのピークなんじゃない

かと思うくらい今年の家長選手は素晴らしかった。32だけど代表に呼ばれても何ら

おかしくないと思う。川崎にとってなくてはならない存在にまで成長した。今までも

良い選手だったが改めて再認識させられた。おめでとう家長選手。
スポンサーサイト