FC2ブログ
ロシアW杯後初の国際親善試合となるチリ戦のメンバーが発表された。森保監督

にとっては初采配となる。五輪世代の堂安、伊藤、冨安の各選手とワタクシが

W杯メンバー入りを熱望した中島選手も招集されている。その中でももっとも

ワタクシが期待を寄せるのがこの選手。



171209-1-01[1]



ベガルタ仙台のゴールキーパー、シュミットダニエル選手です。代表招集は初では

ありませんが出場歴はありません。名前からお判りでしょうがアメリカ人のハーフ

です。なにが良いってサイズですよね。197cmって欧州基準ですよ。日本人で

このサイズ感はないですよね。2014年にキャリアをスタートさせますが中々

出番に恵まれずJ2でのレンタル生活を送りますが2016シーズンで松本の

昇格争いで大きく成長。2017年からは仙台に復帰しています。川島選手も

次のW杯でもレギュラーという訳にはいかないでしょうし、ロシアW杯で日本の

弱点とまでいわれたキーパーですから若い(現在26歳)選手が出てこないと

死活問題になりかねません。五輪世代のオビンナ選手も含めて期待したい

と思います。
スポンサーサイト



DSCN1193.jpg


チャンスが来たのは2回。相手投手の不安定な立ち上がりをついて3つの四球を選び

2死満塁のチャンス。ここで藤井選手も四球を選んで押し出しで先制に成功する。さらに

続く関選手が2点タイムリー2ベースと幸先良くこの回3点を奪う。守ってもルーキー

小林投手が好投。5回まで3塁を踏ませぬ好投で良いリズムを作っていく。なんと

5回までノーヒットピッチング。しかしその5回初めてのヒットを許すと四球でランナー

1、2塁。ここでタイムリー2ベースを打たれ1点を失う。さらに四球で2死満塁と

1打逆転のピンチも最後はライトフライに抑えた。このピンチを1点で切り抜けたのが

大きかった。その後の攻撃中に時間切れで試合終了。なんとか2回戦を突破し

これで3部落ちの危機からも抜け出した。試合後のミーティングでの榊原君の

涙には心打たれた。が、しかしこれで終わりではない。まだまだ上を目指して

いかなければならない。ワタクシもなんとか怪我を治してチームに貢献できれば

と思います。なんと春の優勝チームと準優勝チームが敗れる波乱のトーナメント

この日みたいな野球が出来ればひょっとするかもしれません。
2018.08.29 TV購入
2年前に購入した中古のTVがどうやら御臨終したらしい。溯る事24日。

仕事から帰宅して野球を観つつゲームでもやろうかと電源を入れたところ

画面が映らない。音はするんだけど何も見えない。他のTVに接続すると

問題なく映るということはTVの問題だということだ。こりゃ新しいの発注

しなきゃいかんな、ということで早速購入しました。お値段7980円。




DSCN1200.jpg




デカイ!TVのスタンド部分が下のDVDプレーヤーと同じサイズですからね。

完全にサイズ間違えてるわ。



DSCN0345.jpg


これが以前のTV。全然ちがうやん。なんでこうなったかと言いますと注文時に

お酒を飲んでいたから。皆さんも飲酒時のネットショッピングは慎重にやることを

お勧めします。値段も安いしTV画面は大きいに限ると二号君も言ってますから

良いんですけど。服とかじゃなくて良かったですな。
ウッディポラス様 3-1 勝利



DSCN1194.jpg





1回戦はシードされ迎えた2回戦どちらが来ても強いチームだったが春の大会で準優勝した

チームを下して勝ち上がってきたウッディポラス様との対戦。過去2回対戦しているがともに

負けている相手。とはいえ我がチームも負ければ3部落ちの危機と瀬戸際状態。そんな

状況なのだが、この日は危険なくらい暑く一つ前の試合で給水タイムを設けるほどで時間が

押し気味(我々の試合ではそんなもんなかったけど・・)アップが終了してから待たされる

状況に。相手も一緒だがなんともいえない時間が過ぎていく。ようやく前の試合が終わり

再びアップ開始。ハーフバッティングにノックにと少ない時間を有効に使っていく。

ワタクシはと言いますとアップの段階で肉離れが治っていないのを再認識。主将から

足の状態を聞かれるが、走れない事を報告。恐らくスタートメンバーにワタクシの名前

はあったようだが満足にプレイ出来ない状態で試合に出るのは他のベンチメンバー

を欺く行為だと思うのでこれでいいのだ。試合に出なくても仕事はあるしね。



つづく
2018.08.27 飲み会
昨日の日曜夜、草野球チームの飲み会がございました。折しもこの日は南越谷で

阿波踊りのある日でして当然駅は大混雑でございました。


DSCN1195.jpg


こんなに人がいる南越谷をワタクシは知らない。むかーしむかし若かりし頃

このお祭りで焼きそばを焼いていたのはナイショだ。


DSCN1196.jpg



DSCN1197.jpg



にしても夜なのになんと暑い事。昼間もいい加減暑かったが完全熱帯夜。


DSCN1199.jpg



この日の日中は当然試合でして、まあ後程詳しく書きますけど見事に勝利しまして

祝勝会とこの日のヒーローでもあるルーキー小林投手の歓迎会でありました。



DSCN1198.jpg



この日は昼間の激戦もあり皆お疲れ気味でしたので珍しく1次会で終了しました。

久しぶりに大矢さんともゆっくり話すことが出来ましたが今回は不参加メンバー

も多かったのでもっと色んな人と話したかったなあと思いましたね。
20180825s00041000371000p_view[1]


TUBEが通算30回目の横浜スタジアム公演を昨日開催。同所でのライブは

28年連続となり、自身が持つ最多・連続開催記録を更新。野外球場での

ライブも通算74公演目となりアーティストのトップを独走している。この日は

スペシャルゲストとして加山雄三さんもサプライズゲストとして登場した。

ワタクシが参戦したのは3年前くらいになりますかね。その日は台風の影響

で朝から雨で開催が危ぶまれる状況。蒸し暑いしにわか雨にも祟られる状況

だったが、昨日も相当暑かった。ワタクシ昨日自転車で脱水症状に陥るくらい

でしたから。夜とはいえ相当暑かったと思います。まあ暑いからこそのTUBE

なんでしょうけどねえ。もう9月の声も聞こえてきました。暑い夏もそう続かない

と思いますが残暑を楽しむくらいの余裕は欲しいもんです。

昨日のオープニング曲「夏だね」でお別れです。やっぱTUBE良いわ。






前回のおさらい

北九州記念

セカンドテーブル 5着
アサクサゲンキ 6着
ダイアナヘイロー 7着
ゴールドクイーン 16着


札幌記念

スティッフェリオ 5着
スズカデヴィアス 12着
ミッキースワロー 13着
マルターズアポジー 15着
アイトーン 16着

今回は完璧なハズレ。かすりもしないとはこのこと。ここまできれいに外すのは

本当に珍しい。今回は少し買い目を絞っていきます。では、予想。


新潟2歳S

スティルネス

単勝 複勝 1000円ずつ


キーンランドC

ムーンクエイク
レッツゴードンキ
ナックビーナス

馬単BOX 300円


前回 -9600円   トータル -165640円
昨日で会社の引越しが終わってから一週間が経ちました。まあ落ち着かないね。

お盆を過ぎたんで少し暇になるかと思いきや全然忙しい。全く早く帰れません。

4つの営業所を一つに集約するのがメインなんですが人が多くて鬱陶しい。

これでもまだ2つは引越し前なんですよ。全部引っ越して来たらさらにゴタゴタ

するんでしょうね。結局流れが出来るまでは早く帰れそうになさそうです。

買い物するスーパーとか銀行とかは大体目星はついているのですがまだまだ

探索が必要な感じです。一応10月からは自転車通勤に切り替える予定です。

家から10キロくらいなので楽勝なんですが、まだ暑いんで今は自粛してます。
プリヨシ様 8-0 勝利


DSCN1190.jpg


大分一時よりは涼しくなりましたかね。以前ほどの灼熱感は和らいだと思います。

試合内容に関しては今季初の完封勝ち。登板した3投手全てが良かったですね。

完封って今季初だと思います。連勝も初めてになりますね。非常に珍しいゲッツー

も見れましたし、来週の大一番に向けて良い調整が出来たと思います。今日の

ワタクシは2番センターでした。打順が大幅に昇格したんですが第1打席は

3バント失敗という2番がやっちゃいけないヤツでスタートと最悪です。2番という

好打順で気負ったのもあると思います。迎えた第2打席は満塁のチャンス。満塁でも

あるだろうと思っていたらやっぱりのスクイズサイン。今度はキッチリ決めました。

2塁ランナーの中川主将も好走塁で帰って来てくれまして、金足農ばりの2ラン

スクイズになりました。いやあ~中川主将様様です。第3打席はまさかの三振。

最後の第4打席は一塁への内野安打で出塁。すかさず二盗しますがこの時に

肉離れ発症してしまいました。正直、打撃の調子は良くありませんでした。最後の

内野安打も飛んだところが良かっただけですし、ラッキーなだけですからね。

幸い怪我の状態もそこまで酷くなく現在は痛みはありません。今日あたりから

トレーニング再開しようか思案しているところです。週末に向けて少しでも出来る

のならばやっておくに越したことは無いので。再発しない程度にが前提ですが。


DSCN1192.jpg




第1打席 三振
第2打席 犠打
第3打席 三振
第4打席 一内野安打

3打数1安打 1盗塁 1犠打 2打点 打率.200


ようやく2割到達。盗塁部門はトップタイまで来ました。
20180821-00306471-nksports-000-5-view[1]


世間一般は金足農を応援していたと思います。もちろんワタクシもです。大阪桐蔭は

強すぎてねえ。応援する気にならんといいますか。ワタクシの父は秋田出身ですし

やはり私立強豪と違って普通の県立高ですからね。そりゃ応援したくなるってもんです。

さすがに力の差は歴然でした。完全アウェイ状況の中で優勝した大阪桐蔭は本当に

強かった。お見事としか言いようがないですね。一人の投手が投げ続ける金足農は

さながら昭和の高校野球のような匂いを感じさせました。大阪桐蔭は現代的な野球

ですかね。勝つために造られたチームといっていいんじゃないでしょうか。勝った

大阪桐蔭より金足農の方が称えられている気もしますが、両校とも素晴らしいと

思います。吉田投手はプロでこの借りを返して欲しいと思います。やはり地元の

楽天さんでしょうかね。育成の上手なカープさんやファイターズさんに入っても

良いかなと思います。あとは吉田姓と言えばオリックスさんじゃないでしょうか。

大阪桐蔭の根尾選手は人気が集中しそうですね。大阪桐蔭と言えばライオンズさん。

地元関西のタイガースさんも黙ってないでしょう。秋のドラフトが楽しみです。