FC2ブログ
2018.07.14 前半戦総括
我がベイスターズは前半戦を終わって借金4の4位。正直ワタクシが思い描いて

いたものとはかけ離れてはいますが仕方がないでしょうか。何しろ開幕時から

今永、濱口、ウィーランドを欠く中でのスタート。それでも東、京田、飯塚らの

奮闘でなんとか上位に名を連ねることが出来てはいましたが、ロペス、梶谷の

離脱が痛かった。梶谷は元々いなかったから良いとしても本当にロペスは痛い。

交流戦終盤には筒香までいなくなる事態に。これで勝つのは正直難しいですよ。

現在もロペスは離脱中。今永はだいぶ上向いてきたものの、濱口、ウィーランド

は良くない。開幕時から不調だった石田は中継ぎへ。代わりに中継ぎから井納が

先発に復帰と、まだ安定しているとは言い難い状況。ロペス、梶谷が帰ってくれば

というところでしょうか。補強の方も中後投手、伊藤捕手、赤間投手を獲得と

フロントも動いています。現実的な目標はやはりCS出場でしょうかね。まだまだ

ウチのチーム力では優勝云々は厳しいという事を認識させられております。

では、前半戦のMVPを。


投手 東克樹投手


ドラ1ルーキーながらここまで一人開幕からローテを守っています。防御率も

一時はリーグトップに立ちましたし、安定感が他の投手とは全然違いますね。

数少ない安心して見ていられる投手です。新人王は間違いないでしょう。

防御率のタイトルも狙って欲しいです。



野手 神里和毅外野手


こちらもルーキー。開幕からスタメンを勝ち取るとシュアなバッティングとスピード

溢れる走塁で一気にレギュラーへ。間違いなく前半戦を引っ張ったのは彼です。

最近は疲れもあるんでしょうが調子が落ちてきていますが、ここまで常時一軍に

いるのはルーキーとして合格ではないでしょうか。あとイケメンね。
スポンサーサイト