FC2ブログ
ワタクシはアメリカンフットボールが好きだ。ポジションにもよるが身体能力の

高さだけでなく緻密で多くの作戦もあり高い知力も無いと出来ないスポーツ

だと思っている。ワタクシが見始めたのは今から30年近く前で当時は日本の

アメフトも観ていた。当時は故篠竹監督の指導の元、日大フェニックスは

強豪チームで西の京都大学と鎬を削る名門。その名門が揺れに揺れている。


8155_2_1[1]


ボールを投げるクオーターバックやボールを蹴る選手というのは無防備になることが

多いので激しいタックルは禁止されている。ちょっと接触したぐらいで反則を取られる。

その大半が止まれなくてやむなく接触してしまったものが殆どだ。ところがこれは

違う。ワタクシも長い事観てきたがこんな酷いタックルは本場のアメリカでもお目に

かかることは無い。このタックル自体有り得ないがこれが監督の指示かもしれない

とくれば正気の沙汰じゃない。こんなプレイをするような選手は試合に出る資格が

無いと思う。監督の指示であったとしても、この選手にはやって欲しくなかった。

そりゃ断ればポジションを失うだろうが、こんなことをしてポジションを得たとして

なんの価値があるんだろうかと思う。アマチュアレベルならまだしも名門チームで

試合に出れるレベルの選手がこんな危険なタックルをしたら相手がどうなるかくらい

分からないはずがない。このタックルで日大のイメージが悪くなるのは別に構わん

が、アメリカンフットボール=危険なスポーツというのは勘弁してほしい。日本では

メジャースポーツとは言い難いし、ただでさえ多くない競技人口が減少してしまう

方がワタクシは心配。日大フェニックスがやったことは到底許容出来る事ではない。
スポンサーサイト