FC2ブログ
20170815-00000156-sph-000-3-view[1]



J1で現在11位の神戸ネルシーニョ監督が解任された。後任は欧州人監督を

中心に人選を進める。吉田ヘッドコーチが暫定的に指揮を執る。今季J1での

監督交代は6例目。13日のFC東京戦での今季3度目の3連敗で解任を決めた。

今季で3年目を迎えるネルシーニョ体制。初のリーグ優勝に向けて日本代表クラス

の選手を積極的に補強。開幕4連勝で首位にも立ったが昨季得点王のレアンドロ

選手を怪我で失った辺りから怪我人が続出。気が付けば中位が定位置になって

しまった。ポドルスキ、ハーフナー両選手を獲得。さらに鹿島の金崎選手にも

オファーを出すなど(こちらは破談)さらに補強を断行したが攻撃の選手ばかりで

果たしてネルシーニョ監督の意向に沿った補強なのか疑問が残る。しかし、今年は

長い間チームを率いてきた監督の更迭が多い。こんだけ実績のある監督が更迭される

年はちょっと記憶にない。残ってるのはガンバの長谷川監督くらいになってしまった。

来年は監督人事にも注目だし、それによって移籍する選手も増える筈だから

人の動きも活発になるだろう。オフも忙しくなりそうだ。
スポンサーサイト