20170806-01642584-gekisaka-000-3-view[1]




浦和の関根選手がドイツ2部のインゴルシュタットに完全移籍することがクラブ

より発表された。浦和はペトロヴィッチ監督を解任。チーム状態が落ち着かない

中での関根選手の移籍は正直痛い処だろう。浦和の下部組織出身で14年にトップ

昇格してからというもの常にレギュラーで活躍してきた。もはや代表にすっかり

定着した原口選手と印象が重なる。関根選手がそうなる可能性は十分あると思って

いる。またレッズの選手は長谷部選手、細貝選手のようにドイツで成功する下地

があるし、いきなり1部ではなくまずは2部でというのも好感が持てる。すぐに

結果が出れば1部から即オファーが来る。それからでも遅くはないのだ。スペイン

の柴崎選手が良い例ですね。彼のドリブルならきっと通用すると思うし、逆サイド

の宇賀神選手も代表に選出されたが、ドイツで活躍すれば関根選手が選出される

日もそう遠い日の話じゃないと思う。
スポンサーサイト