首位の浦和と3位の鹿島の対戦。両チームともACLと並行しながらのリーグ戦では

あるがACLはともに予選リーグを見事に突破。リーグでも上位につけている。

上手く選手の入れ替えをしてここまで無難に立ち回ってきたなという印象。

昨年のチャンピオンシップの再戦でもあるし試合前から期待していた。序盤は両チーム

とも堅い動き出しだったが攻守の切り替えは早かった。そんな中、金崎選手の

ゴールで先制。金崎選手のシュートが浦和DFに当たってコースが変わったが

打ち切った金崎選手を褒めるべきだろう。その後両チームともにポストを叩く

惜しいシュートもあったがこういう展開になると鹿島は強い。とくにこの日は

昌子選手が出色の出来でした。浦和の攻撃の象徴といえる武藤、シルバ、興梠

の各選手は殆ど消えてしまっていましたね。とくに武藤選手は全く存在感が無かった。

興梠選手も下がってボールを受けていては全く相手に脅威を与えられない。

ようはそれだけ鹿島の試合運びが完璧だったということでしょう。

浦和の良さである少ないタッチでの速い攻撃は今日は影を潜めてしまいました。

ただ攻守のテンポが速くてさすがJリーグを代表するクラブ同士の対戦だなと

思いました。試合終了までは。試合後に森脇選手の暴言報道がありました。正直

現場で聴いていたわけではないのでどちらが悪いとかの判断はあえて避けますが

申し訳ないですけどどちらのファンでもない私が見るにどちらにも非があるのかなと。

正直、私はどちらの選手もクリーンなイメージを持ち合わせていませんので。ただ

このような素晴らしい試合がこの騒動でケチがついてしまったのは残念と

しかいいようがありませんね。





スポンサーサイト