DSCN0525.jpg




今回も自チームの活動に時間の都合で参加できず。助っ人してきました。

自転車で行ったんですが道中、自転車で日本一周中の若者と遭遇。いやあ実際いる

んですねえ。驚いた。色々お話したかったんですが時間が無く断念。「頑張って」

と伝えるに留まりましたが実に羨ましいなあ。今日は昨年の秋もお世話になった

チーム(全然打てませんでした)で柏市の春の大会(3部公式戦)に参加してきました。

今日の対戦相手は明らかに若いチームで、どう見ても20代。中学の野球部のOBチーム

らしいです。私がマトモに結婚して家庭を築いていたらこれくらいの息子がいてもなんら

おかしくないといえる若者たち。一方こちらは40代のオジサンチーム。今日は苦戦しそう

だなあと思いましたが、試合は意外な展開になります。8番ライトで出場。相手投手は

3部レベルなら速いといえる直球。変化球はそれほど速度差は無い。こちらの投手も中々

速く、バットの芯に当てさせない投球。序盤は投手戦の様相。そんな中ランナー1、2塁

のチャンスで第1打席を迎えますが、初球を打って投ゴロ。相変わらず調子が上がりません。

第2打席は1死ランナー1塁。カウント2-2から打ちに行くと打球は二遊間のど真ん中へ。

ショートが好捕(この子は上手かった)するも投げられず内野安打もこの回得点ならず。

0-0が続く1点を争う展開。こうなると先にミスが出た方が負けなんて言いますが

先にミスが出たのはこちらでした。エラーで2点を献上してしまいます。しかしオジサン軍団

最終回に猛反撃。なんと2点を返して同店に追いつくと2死ランナー1、2塁サヨナラの

チャンスで第3打席が回ってきます。次打者がここまで2三振。自分で決めるという気持ちが

半分、相手投手は疲労困憊でしたので四球を選んで繋いでもいいなというどっちつかずで

打席に入ったのが良くなかった。初球の外角直球、3球目のの内角直球ともに見逃し。打てない

ボールじゃなかったんですがねえ。3-2まで粘りましたが外角のボール球を空振り三振という

情けない結果に終わりました。消極的な姿勢で打席に入ったのがいけませんでした。打席に

入る前に結果は出ていたのかもしれません。もう少し精神的に余裕が欲しいところですね。ちゃんと

心を整理して何事も挑まないと中途半端な結果しか出ないという失敗例みたいな打席でした。

2度と繰り返さないようにしたいですね。結局ジャンケンで勝って1回戦突破出来ました。



2試合連続でヒットが出たのは良い事ですが、まだまだボールとストライクの見極めが出来てません。

打席でも余裕が無いですしね。まだ精進が足りないようです。もっと練習しないと。


第1打席 投ゴロ
第2打席 遊安打
第3打席 空振り三振 

3打数1安打


スポンサーサイト