2017.03.23 侍散る
20170322-00827685-number-000-2-view[1]




1点を争う緊張感あふれる良い試合。日本が勝てる展開だったと思う。だからこそ

ミスが勝敗を分ける事になる。2失点とも守備の乱れからだったが、こればっかりは

しょうがないし菊池、松田両選手は責められない。菊池選手はここまでの守備での

活躍は言うまでもないし尚且つこの試合は打つ方でミスを帳消しにした。松田選手も

プレイだけではなくムードメーカーとしても貴重な存在。両選手とも守備が良いだけに

逆にこういう展開でミスが出ちゃうんだろうなあ。この好試合を演出したのは投手陣。

菅野投手は前の試合とは打って変わって本来の実力を発揮。4番アレナド選手を3打席

連続三振に切って取ったのは痺れた。2番手の千賀投手は今大会で一番名前を売った

選手だろう。7回の3者連続三振は圧巻だった。「あ、この子メジャー行くな」と

思っちゃったもんな。こういう均衡した展開は日本だけではなく米国も望むところ

だったのかもしれない。各チームの抑え投手が揃った中継ぎ陣は申し訳ないが日本より

実績も力も上と言わざる負えない。打てそうな雰囲気がまるで無かったもんな。

残念だけれどこれが現状の日本の力なんだろう。南米勢に加えて米国まで本気を

出してくるとなると更に優勝は厳しくなるでしょうね。とにかく選手たちには最大の

賛辞を贈りたいと思います。ご苦労様でした。ゆっくり休んでる時間もないでしょうが

胸を張って帰ってきてください。野球好きにはまだ楽しみが続きます。センバツもやって

ますし、1週間後にはプロ野球も開幕します。段々賑やかになってきましたね。
スポンサーサイト