FC2ブログ
長い事書いてきましたが今回で最終回です。



DSCN2012.jpg



一行は熱海に到着しました。ここで新幹線に乗り換えますが

まだ時間がありますのでお土産でも買おうかということで

街をブラブラしてみます。


DSCN2013.jpg



伊東と違いスゴイ人です。さすが人気の観光地ですね。


DSCN2014.jpg



海産物やら若い女性に人気のプリンの店やら色々あります。

五月みどりさんのお店もありまして、五月みどりさんといえば

菊池桃子さんの元義理の母親。二号君と再婚しないねえ

なんて話をしてたら旅行が終わって数日後に再婚のニュースが

飛び込んでくるというね。漫画みたいな話ですな。


DSCN2015.jpg



いよいよ旅行もフィナーレを迎えます。



DSCN2016.jpg



帰りもグリーン車で。いや本当に気に入ってしまいました。

次回の移動もグリーン車だったら良いなあ。




終わり
スポンサーサイト



クルーズも終わり時計を見ると15時近く。気が付いたらお腹が空いていました。

この旅行最後の食事となります。やはり最後は海鮮でビシッと決めます。

お店は「伊豆太郎」さんというお店。(写真撮り忘れました)




DSCN2007.jpg




二号君は海鮮のっけ丼2200円





DSCN2006.jpg



鈴木さんは近海地魚にぎり2100円。みんな飛ばしますなあ。で、ワタクシは





DSCN2005.jpg



ネギトロ鉄火丼1500円くらいだった気がします。

なんとなくネギトロが食べたい気分でして。画的には金目鯛定食が

面白いんでしょうが、さすがに二日連続はキツイですわ。

お腹を満たしていよいよ帰路に着きます。



DSCN2008.jpg



帰りもリゾート列車にありつけました。今回は窓際の席を確保出来ました。



DSCN2011.jpg



ワタクシ達が楽しんだ伊豆の風景が流れていきます。寂しいものですね。




つづく
DSCN1999.jpg



出航すると大量のカモメが追いかけてきます。実は出向前にかっぱえびせんを

貰っていたのですが、ワタクシの方が腹が減っていたので食べてしまいました。

カモメにやるのはもったいない。



DSCN2000.jpg


中にはトンビも飛んでおりコイツはカモメと違いデカいので、ちょっと怖い。



DSCN2001.jpg



海中も大変なことになっております。大量のお魚が。



DSCN2002.jpg



DSCN2003.jpg



Z会の旅行ではかなり高い確率で遊覧船関係に乗ることが多いんですが

毎回、睡眠時間になってしまうんですけど今回は寝ることはありませんでした。



DSCN2004.jpg



楽しいクルーズも終了。次は腹ごしらえです。



つづく
伊東マリンタウンという道の駅の中にある湾内クルーズ船に乗り込みます。

ここは食事処やらお土産屋さんやらが多く軒を連ねていて大混雑でした。



DSCN1994.jpg



この船に乗り込みます。



DSCN1993.jpg



水が透き通ってます。



DSCN1995.jpg




船は両サイドがガラス張りになっており水中の様子がうかがえます。

ご覧の魚が観れるようです。



DSCN1996.jpg



DSCN1997.jpg



DSCN1998.jpg




出発前ですが船の周りを魚が泳いでいます。メジナだと思います。




つづく
DSCN1988.jpg


バナナワニ園の出口にある記念メダルの販売機。これってワタクシが小学生の

頃からあるはず。当時とまったくフォルムが変わってないことに驚きを隠せません。

バナナワニ園を後にし、お食事の予定だったのですが誰一人腹が空いてない

事が判明。伊東のハトヤに移動します。


DSCN1989.jpg


DSCN1990.jpg



伊東にあるホテルハトヤに到着です。40代、50代のオッサンなら知らない人は

いる筈が無いほど超有名。ワタクシが小学生くらいの頃は武富士のCMばりに

しょっちゅうテレビでここのCMが流れておりました。ワタクシ生まれて初めて来ました。

未だに健在なのが嬉しい限りです。


DSCN1991.jpg



ここの名物海底温泉に行きます。ワタクシ勘違いをしておりまして海底温泉というのは

海底を模した温泉なのだとばかり思ってましたが、海底から湧き出ている温泉を利用した

ものなのだそうです。百聞は一見に如かずですな。屋内と露天の二種類の温泉が

あり、屋内の方はお風呂の壁の部分が水槽になっていて大量のお刺身にするのに

丁度良いサイズの鰺が泳いでおりました。ウミガメもいましたよ。その鰺を見ていたら

お腹が空いてしまいました。十分に温泉を堪能したあとはクルーズ船に向かいます。



DSCN1992.jpg




つづく