FC2ブログ
20200120-00000114-jij-000-4-view[1]



広島の元エース北別府学さんが20日、白血病であることを公表した。

抗がん剤治療を受け、その後、骨髄移植を行う予定だとか。本人も自覚症状

が無いうちに治療に専念されるそうで、また元気なお姿を是非拝見したい

と思う。選手には厳しいコメントが目立つがカープを愛するが故だと思う。

白血病は一昔前は不治の病と言われたが今はそんなことは無い。

本来なら監督をしていてもおかしくない功労者だと思う。一日も早い

回復を望んで止みません。
スポンサーサイト



20200109-00656580-fullcount-000-9-view[1]



今オフ、積極補強をしている楽天がドジャースから救援右腕シャギワ投手を獲得。

これでほぼ補強は打ち止めになる見込み。楽天は守護神松井投手が今季から

先発転向。ストッパー候補として期待される。昨季ドジャースで21試合登板。

バリバリの現役メジャーリーガー。ストレートの平均が154キロ、スライダー

の被打率が.154とマイナーではずば抜けた存在。コントロールさえまとまって

いれば相当な戦力になるだろう。石井GMが昨季獲得したブセニッツ投手

ブラッシュ選手ともに十分戦力として機能した。シャギワ投手も十分期待できると思う。
20200107-00654411-fullcount-000-3-view[1]


ソフトバンクのコラス選手がメジャーとの契約を目指しキューバより亡命した。

コラス選手はソフトバンクと複数年契約中。当然支配下選手。球団との契約中

にこんなことされたら球団はたまったもんじゃない。有望な若手が多数いる

ソフトバンクとしてはすぐにでも選手枠を空けたいだろうが、自由契約にしてしまうと

他球団と契約出来るだけに痛し痒しだと思う。自由契約にしてしまうと悪しき

前例を作ってしまい、今後同様な事をする選手も出てくる可能性がある。

ソフトバンクにはモイネロ投手という素晴らしい投手もいるし頭の痛い問題だ。

そもそもキューバの選手はこういうリスクがつきまとう。ウチもグリエルで痛い目を

みたし、巨人さん、ロッテさんはハズレをつかまされた。現在キューバ人選手を

有しているのはソフトバンクと中日。今後このようなことがあれば食指を伸ばす球団は

無いだろう。そこまでのリスクを冒すほど今のキューバ人選手に魅力は無い。

手を出さないのが一番だと思うのだが。
20191228-00000039-dal-000-2-view[1]



カープの菊池選手がメジャー挑戦を断念。新たにカープと4年契約を結んだ。

菊池選手の資質云々よりも時期が悪かったとしか言いようがない。今年は

メジャーの二塁手のFAが圧倒的に多く、スター級はいないもののレギュラー級は

豊富でまだまだ契約が決まっていない選手も多い。また今のメジャーでは守備力は

そこまで重要では無く求められるのは打てる選手。正直メジャーのニーズに

合っているとは言えない。ワタクシ的にはこれで良かったと思う。過去にもメジャー挑戦

を宣言して断念した選手がいる。稲葉さんと谷繁さんだ。しかし両者はその後2000

本安打を達成。稲葉さんは全日本、谷繁さんは中日の監督を務めた。メジャー挑戦して

帰って来ても活躍できない選手はいるが、挑戦を諦めた選手で失敗した選手はいない。

菊池選手も球史に名を残す(すでに残している?)選手になるだろう。カープファンは

歓喜でしょうね。というのもセリーグは今オフ各チームとも主力がメジャー流出している。


巨人 山口投手(ブルージェイズ)
横浜 筒香(レイズ)
阪神 ジョンソン投手(パドレス)
中日 Jロドリゲス投手(レンジャーズ)
ヤクルト バレンティン選手(ホークス)
広島 なし


カープは昨年丸選手が関東の某人気球団に移籍してしまい、今季も菊池選手以外に

会澤選手、野村投手にも流出の可能性があったが唯一主力の流出が無いチームに

なった。正直羨ましいの一言。ウチと巨人さん、ヤクルトさんは頭が痛いところだ。
20191219-00010000-baseballc-000-2-view[1]


人的補償で楽天が酒居投手、ロッテが小野投手ををそれぞれ獲得した。

まずは酒居投手。今季54試合に登板。5勝4敗20ホールド。よくこんな選手が

リストに載っていたなというのが印象。先発もこなせるだけに楽天は使い勝手が

良い投手を獲得したと思う。26歳とまだまだこれから伸びる要素はあると思う。

一方の小野投手は2年連続イースタンでセーブ王を獲得している。今季は

13試合に登板も防御率は6.27と一軍では結果を残せなかった。こちらは

もっと若く23歳。140後半のストレートが最大の武器。楽天は中継ぎが豊富

なので恐らく来年も出場機会は限られると思われる。ロッテは中継ぎの層が

厚くないのでチャンスは十分あるだろう。両チームともチームのニーズに合った

良い選手を獲得したと思う。これで両チームを行き来するのは7人となった。

パリーグは楽天とロッテの2チームしかないのかというくらい両チームとも

選手を動かしている。パリーグは正直ソフトバンクと西武の2強と言って良い

状況。来年この2チームがどれだけ上へ行けるかでパリーグは面白く

なりそうな気がする。楽天はさらに外国人投手の獲得も検討しているようで

更に補強が進みそうだ。