FC2ブログ
2020.06.25 Dear Breeze
今日ご紹介するのは杉山清貴&オメガトライブで「Dear Breeze」です。4枚目のアルバム

『ANOTHER SUMMER』の収録曲です。今年はオメガトライブのコンサートが全て来年に

延期になってしまいました。サザンみたいに無観客でも観たいというのはありますが

やはり同じ空間を共有できる方がワタクシは嬉しいかなと。ですので今は動画で我慢

するしかありませんね。幸い動画職人さんが大量にアルバム曲の動画を造ってくれて

いるので楽しませてもらってます。この手の動画はyoutube警察に捕まると、即削除

になってしまうのが難点なんですよねえ。この曲はワタクシ2番目にオメガトライブの

曲の中で好きな曲です。とにかく詩がカッコイイんですよね。学生の頃に憧れましたね。

「海辺が見える高台のマイハウス」いつか住んでみたいと思ったものです。オーストラリア

に行った時も海が見える家に住みたかったのですが、残念ながら叶いませんでした。

(海に近いところには住んでましたけどね)




スポンサーサイト



2020.06.19 Dry・Dry
今日ご紹介するのは鈴木雅之さんの「Dry・Dry」です。1988年のリリースです。

この曲はキリンのビール「キリンドライ」のCMソングです。この「キリンドライ」

覚えてる人いますかねえ。今や世界的ブランドとなった「アサヒスーパードライ」

に対抗してキリンが発売したドライビールなんですよ。ドライ発売前のアサヒは

大手3社の中ではキリン、サッポロに続いて3位だったんです。キリンのシェア

が60%だったのに対しアサヒは10%を割り込むほど落ち込んでいましたが

目標の100万ケースを大きく上回る1350万ケースを売り上げる大ヒットを記録

しました。アサヒも、サッポロを抜いてビール市場でシェア2位に躍進する

原動力になりました。当然各社も指をくわえて見ているわけじゃありません。

サントリーもドライを発売。CMにはあのマイク・タイソンを起用。相当な

ギャランティーが発生したのは想像に難しくありません。正直サントリーが

ドライを売っていたことなどワタクシ全く覚えてないんで当然失敗に終わります。

担当者は恐らく「君、来週から稚内支店に移動ね」なんてことになったんじゃない

でしょうか。サッポロも参入しましたがこちらもダメでしたね。となるとキリンも

黙ってません。というわけで「キリンドライ」を発売した訳ですが、結局アサヒの

一人勝ちに終わります。85年に9.9%だったアサヒのビールシェアは89年には24.8%

にまで上昇。いっぽう61.3%だったキリンのシェアは48.5%にまで落ち込みます。

「ドライ戦争」の勝負が決すると、各社は新しい方向に舵を切り始めました。

キリンは今でもロングヒットを続ける「一番搾り」を発売。サントリーは「モルツ」を

発売して独自路線の確立に成功しました。しかしこうしてみると「アサヒスーパー

ドライ」の息の長さはハンパねえなあと。なんと発売されてから33年ですからね。

因みに「キリンドライ」は僅か1年で姿を消しました。「キリンドライ」のことは覚えて

ませんでしたが鈴木雅之さんのこの曲はカッコ良くてワタクシは好きです。





今日ご紹介するのは中山美穂&WANDSの「世界中の誰よりきっと」です。1992年の

リリース。フジテレビのドラマ「誰かが彼女を愛してる」の主題歌でした。この曲もドラマ

を凌駕した曲の一つですね。WANDSもこの曲のヒットで大ブレイクを果たします。

上杉さんはあまり快く思っていなかったようですが・・・累計売上は200万枚。当時の

女性ヴォーカルのシングル曲として歴代1位と売れましたね。あの織田哲郎さんが作曲

した中では一番売れた曲でもあります。織田さんの曲はヒット曲ばかりなので言われないと

わからないもんです。ビーイング関連のアーティストのシングルとしても3番目のヒット

なんですね。WANDSバージョンはバラード調なんですが、中山さん側のプロデューサー

のリクエストで変更されたんだとか。こっちの方がシングルとしては正解だったと思います。




2020.06.05 SWEET PAIN
今日ご紹介するのはglobeの「SWEET PAIN」です。1995年にリリースされた

3枚目のシングルです。一時代を築いたglobe。当時時代をリード

していたのは間違いありません。本当に小室さんは天才なんだなあと思わされます。

あれから25年経ったんですねえ。未だに古臭さを感じません。KEIKOさんの

ヴォーカルも素晴らしいし、もう一度見たいユニットの一つです。ご存知の通り

再集結はかなり難しい状況でありますが、もしもがあれば絶対に観に行きたい

と思います。メンバーもイキイキしていますがワタクシも当時24歳と若かった。

もうこういうユニットは出てこないんでしょうねえ。





2020.05.29 You're the Only…
今日ご紹介するのは小野正利さんの3枚目のシングル「You're the Only…」です。

月9ドラマ「君のためにできること」の主題歌でもあります。ドラマは正直よく知りません

が、この曲は知名度抜群です。ドラマを喰ってしまった感もありますね。とにかく

ハイトーンボイスが凄くてですね、ワタクシこの曲を最後まで歌える人を見たこと

がありません。皆、ことごとくカラオケで撃沈してましたね。元々小野さんはバンドで

活躍されており、現在もバンド活動を継続されています。因みに専大松戸高校を卒業

されております。