FC2ブログ
今回の日本半周の旅はオーストラリア大陸横断のトライアル的な位置づけですので

このルールはオーストラリア大陸横断のルールとして適用するつもりです。無理が

あれば都度変更すれば良いので。というのもある程度の縛りを設けないとワタクシ

怠けてしまうかもなので。いくら自由とはいえある程度は自分を律しないといけません。

それではルール発表です。


6謹1休

宿泊施設は5000円以下

休憩は1時間半から3時間ごとに1回

雨の日は基本走らない

外食は1日1度

基本はテント泊、自炊


こんな感じですかね。上手い具合に大きな街で休みがぶつかれば観光もしたいなあ

と思ってます。お酒はお休みの時は飲みますがそれ以外は無しかなあ。冷蔵庫無いしね。
スポンサーサイト



2020.05.27 相棒探し
ワタクシは現在、ロードバイクとクロスバイクを保有しております。ロードバイクは速く走る

のに特化したものですから旅行には不向き。クロスバイクでの旅行は可能ですが5000キロ

走るとなると心もとない。というわけで新たに旅行用の自転車を準備する必要があります。

狙っているのがこれなんですけど・・




20160507190748[1]



会社辞めたいなあと思い始めた頃に目を付けてたんですが、もう数年経過して

まして現在新品では売ってません。中古もあまり出回って無いようで入手は困難。

困ったなあと思っていたらシクロクロスという競技で使われる自転車ならどうだと

思い調べてみました。因みにシクロクロスという競技は泥だらけの道を走ったり

自転車担いで階段上ったりという感じ(かなりザックリですが)の競技でして

ようは悪路を走る事に長けた自転車なんですよ。なので長距離旅行にも十分

耐えうると考えました。探してみましたらありましたよ。良い感じのが。




mito_gb[1]



ワタクシの愛用メーカーであるGIOSのミトというバイクです。フレームはクロモリ(鉄)

タイヤは35ミリ幅。ワタクシのロードバイクのタイヤ幅が25ですから太い。

まあ荷物をガッツリ積んで走りますからこれくらいじゃないとパンクのリスクだらけで

たまったもんじゃないですね。これでお値段10万円というところ。補助金で買えます。

荷物を積むキャリアも取り付け可能なので旅行での使用も問題なさそうです。
2020.05.24 日本半周計画
会社を辞めて立ち上げる最初のプロジェクトがこの日本半周自転車旅行

になります。概要は大まかに以下の通りになります。

スタート 野田
    ↓
  茨城、群馬
    ↓
   新潟
    ↓
   山形
    ↓
   秋田
    ↓
   青森
    ↓
   北海道
    ↓
   青森  
    ↓
   岩手
    ↓
   宮城
    ↓
   福島
    ↓
   茨城
    ↓
  ゴール



基本的に海沿いを走って日本を半周しようと思います。最終目的はオーストラリア大陸

横断なのでそのトライアル的な感じになります。これくらい走れないと横断なんて無理

なわけです。なので主目的はとにかく走る事なので内陸部にあたる札幌とか行きません。

ただ基本若くないので週に1日はお休みしますので、そこで観光とかするかもしれません。

基本はテントで野宿ですが場合によっては宿泊施設を利用することもあります。期間は

7月スタート。北海道の気候を考えるとこれがベストだと思います。収入がありませんので

貧乏旅行になると思います。細かいルール設定はまた後日書いていきます。