FC2ブログ
20190725-00451373-fullcount-000-1-view[1]


第90回都市対抗野球大会はJFE東日本が初優勝で幕を閉じた。最優秀選手に

送られる橋戸賞は元DeNAの須田投手に贈られた。プロで培った技術はやはり

錆びてはいなかった。7回2死二、三塁でマウンドに上がると前日本塁打を

打っている打者を三ゴロに抑え、8回三者凡退。9回はなんと三者連続三振。

前日4イニングを投げていてこの内容。正直いまでもウチでなげられたんじゃね?

と思ってしまう。JFE東日本は須田投手がプロ入りする前に所属していた球団。

横浜を戦力外になり古巣へ恩返しの為に復帰していた。また8回にはこちらも

元横浜、細山田選手との対戦も実現している。



20190725-00000124-mai-000-1-view[1]



さらにはJFE千葉には補強選手としてかずさマジックから松本啓二郎選手もおり

更ながら同窓会的な感じで横浜ファンとしては本当に嬉しい限りです。3人とも

同学年で松本、細山田両選手は08年に1位、4位で横浜入団。須田投手は

10年のドラフト1位。三人とも早稲田大学で一緒にプレーしていた。プロの世界を

追われても野球を続けていることが嬉しいし、プロでかなえられなかった優勝を

味わえたのも嬉しい。またこの日は始球式に落合博満氏も来場。盛り上げ役に

一役買った。こうやってアマ球界を盛り上げてくれることは本当に良い事だ。

3選手の今後の益々の活躍を期待したい。とりあえず須田投手、松本選手

優勝おめでとう。横浜ファンとしても嬉しい限りです。
スポンサーサイト
20190626-06260995-nksports-000-1-view[1]



日本のプロレス界を長年にわたり盛り上げてきた長州力さんが引退した。引退試合は

越中詞郎選手、愛弟子石井智宏選手と組んで長年のライバル藤波辰爾選手

武藤敬司選手、長州さんの付き人だった真壁刀義選手と対戦。試合は真壁選手の

ニードロップ4連発で長州さんが敗れた。長州さんは98年に一度引退しているが

例の大仁田劇場で電流爆破マッチで復帰しているので2度目の引退となる。長州さんと

いえば「かませ犬」発言で藤波選手に反旗を翻し一気にスターダムへのし上がった。

当時小学生だったワタクシは金曜20時の中継に夢中でした。藤波選手との「名勝負数え歌」

は本当に熱かった。45年に及ぶ波瀾万丈のレスラー人生。天龍さんも引退されたし

子供の頃のヒーローが去っていくのは物悲しいが十分やったと思う。本当に長い間

お疲れさまとしか言えない。
201906210000295-w500_6[1]


NBAドラフトで日本人が指名されるという夢のような話が実現した。まさに快挙と言って良い。

指名されるだけでも凄い事だが1巡目の指名となるとさらにスゴイ。NBAでは1巡目と

2巡目各30人しか指名されない。その中で一桁指名なのだからかなり期待されての

指名だろう。ゴンザガ大学といえば、かめさんの好きなストックトン選手がOBでは有名。

ウィザーズはあのマイケルジョーダンもプレイしたチーム。けして弱小チームでは

ないようだが出番が限られる強豪という訳でもない。十分試合に出れる環境だと

いえる。NBAもそうだがNFLも日本人にとっては狭き門。バスケットをやっている

子たちにとっては大きな指標となり夢を与える存在になるだろう。日本代表も

彼の活躍でW杯の出場も決まった。今後の活躍が多いに楽しみである。
2019.01.17 稀勢の里引退
20190116-00000127-spnannex-000-8-view[1]



横綱稀勢の里が引退を発表した。今場所は開幕から3連敗を喫しこうなることは予想しえたが

やはり残念だ。ワタクシが幼少のころ観ていた北の湖さんのような昭和の横綱の匂いを感じた。

本人は悔いは無いと言ったが本当は違うと思う。横綱という立場ゆえに無理をしてでも相撲を

とる事を選んだのだろう。怪我をきっちり治すことも立場ゆえに許されないという強い責任感が

自分自身を追い込んでしまったのではないか。非常に短命になってしまったけども記憶には残る

横綱になるだろう。今後は荒磯親方として後進の育成に邁進するそうだ。お疲れ様でした。
20181205-00000066-tospoweb-000-2-view[1]



80年代を代表するレスラーのひとり、ダイナマイトキッドさんが亡くなった。

まだ60歳の若さだった。ダイナマイトキッドさんと言えば初代タイガーマスク

さんのデビュー戦の相手として知られる。タイガーマスク伝説のデビュー戦と

なったがこれはキッドさんが相手だったからと言われている。それだけキッド

さんのレベルが高かったことの証明でありタイガーマスク同様にキッドさんの

ファンも爆発的に増えた試合でもあった。今はジュニアヘビー級のカテゴリーも

確立されたが当時はヘビー級全盛時代。体を大きくしたいことからステロイドに

手を出してしまう。これが少なからず遠因になったことも否定できない。

名タッグチーム「ブリティッシュブルドッグス」でコンビを組んだデイビー

ボーイスミスさんも2002年に他界している。彼の死因もステロイドではと

囁かれている。天国でコンビ復活して欲しいものです。キッドさん、あなたの

剃刀みたいなキレッキレのファイト、高速ブレーンバスター大好きでした。

謹んでご冥福をお祈り申し上げます。