DSCN0599.jpg




2年連続で古内東子さんの東京国際フォーラムC獲れました!昨年素晴らしい

パフォーマンスで是非また行きたいなあと思っていたので獲れて良かったです。

おまけに昨年は2階席でしたが今回は1階9列目と今年行ったコン活の中で

一番良い席です。昨年はお試しもかねて色んなコンサート行きましたけど

今年は新規もありますがリピートがどれくらいあるかで行く回数が決まりそう

です。リピートでいうと池田聡さんは行きたいなと思いますし、新規は

馬場俊英さんですかね。馬場さんの場合はもう少し曲覚えないといけませんが。

今日の1曲は古内東子さんで「星空」昨年も聴きましたがとても良い曲です。

今年も聴けたら嬉しいですね。




スポンサーサイト
続いては岸谷香さん曲は「Diamonds」19の時に行った西武球場を思い出します。

次はプリプリで観てみたいなあと。鈴木雅之さんは「め組の人」ソニックシティ

でもそうでしたが盛り上がりますね。渡辺美里さんはやっぱり「MyRevolution」

この曲も若い頃何回も聴きましたね。小室哲哉さん作曲なんですよね。この次の

曲の「Teenage Walk」も結構好きでしたね。大トリは小田和正さん。曲はイントロ

で即分かる「ラブストーリーは突然に」この曲を聴くと「東京ラブストーリー」を

思い浮かべますが実は私このドラマ一度も観たことがない。けれど曲は知ってる

パターン。270万枚の大ヒットですから。アルバムじゃなくてシングルですからね。

曲も良かったですけど音楽自体が力を持っていた時代でしたね。最後は出演者全員

で「今夜だけきっと」これだけの出演者で歌うと壮観でしたね。最後はバンドメンバー

も交えてアカペラで。根本さんも感涙でした。これで本編終了。当然アンコールが

かかります。するとスクリーンにスタレビメンバー登場。根本さん「あんなに歌った

のにまだ聴きたいの?」アンコールスタート4曲歌って終了。実に7時間半、50曲

にも及ぶ長丁場。根本さんも「普段はこんな無茶しない」と。「次は40周年で

逢いましょう!」次回も行くかって?ゲスト次第でしょうけど、今回に関しては

大いに満足出来ました。有名アーティストの美味しいところだけ頂けましたからね。

長かったですけど内容は充実していたので飽きることはありませんでした。






おわり 
トップバッターはスタレビで「シュガーはお年頃」ここからゲストが登場。ゲストは

ステージの後方からせりあがってきます。まずはスキマスイッチのお二人で「全力少年」

最近の曲には滅法弱いスケキヨさんでも知ってる曲(最近でもないか・・・)続いては

矢井田瞳さん。曲は予想通り「My Sweet Darling」この人と言えばこの曲ですな。

イントロのギターが印象的なんですけど根本さん完コピでしたね。続いては杉山清貴さん。

私は毎年聴いてる「さよならのオーシャン」野音の前にアコースティック以外で聴くの

は初めてかも。森高さんは「私がオバさんになっても」残念ながら森高さんも世間一般

でいうところのオバさんと言われる年齢になられましたが、森高さんの大ファンで

あらせられる拘置所君にはっきりとお伝えしておきますが全くもってオバさんでは

ございませんでした。派手な水着もイケそうですし若い子にも負けないと思います。

秋葉原の連中が束になっても敵わないでしょうな。歌声も当時のままでしたし。

良いものが観れましたね。馬場俊英さんは2007年の紅白歌合戦で披露した

「スタートライン」をしっとりと歌い上げます。松たか子さんは私が大好きな曲

「明日、春が来たら」ヨッシャーでしたね。いやあこの曲毎年3,4月に聴きたくなる

くらい好きでしてねえ。今日聴けたら嬉しいけどゲストだしなあと淡い期待はしては

いたんですが感激です。彼女の代表曲は「アナと雪の女王」じゃありません。

「明日、春が来たら」です。断言しちゃいます。KANさんは登場からインパクトが

強烈でサンバなのか宝塚なのか美空ひばりさんを意識したのか羽が一杯ついた衣装で

登場。根本さんが「大丈夫?歌える?」と心配するくらいでした。そんな衣装なのに

歌うのは「愛は勝つ」ですからね。衣装と曲が全く合ってないというね。この人は

こういうおふざけが好きな人なんでしょうね。私は嫌いじゃないですけど。





つづく
DSCN0595.jpg



そもそもコン活を始めるきっかけとなったのが杉山清貴さんのアコースティックコンサート

なんですけども今年もチケット獲れました。これで4年連続になりますかね。最初に行った

コンサートが越谷。ここ2年は日本橋でしたが今回は原点の越谷になります。通常の

コンサートと違ってMCが多めなのが売りですかね。オメガ時代の話とか結構ファンには

嬉しいもんです。関東地方も梅雨入りしましたね。この人の曲が似合う季節が段々

近づいてきましたね。今日はこれからZ会です。楽しんできます。それでは。




今回のゲストのトリを務めるのは本日4度目の登場となる小田和正さん。今日のお客さんの

年齢層は私よりも上の方々が多くて、恐らくオフコースの世代の方々が多いんじゃないかと

思うんです。というのも登場と同時に曲が流れるんですが、今日イチの盛り上がりでしたね。

というのもあの名曲「YES-NO」ですから。世代じゃない私だって知ってるくらいの

名曲。私もオォ~ってなりましたもん。しかし、この人の声は衰えをしりませんね。普通に

高音出てましたから。スゴイの一言。根本さんはよくしゃべりますけど小田さんは寡黙な

イメージありましたけれど近いものがありました。昔、ステージで根本さんがMC中に勝手に

演奏始めたことがあったとか。小田さん曰く「たいした話してないからいいかなって」

スタレビの代表曲のひとつ「木蓮の涙」を歌ってこれでゲストは全て出演となりました。

ここでセットチェンジしてこれからの企画説明。「今日はスゴイゲストの人たちに来て

もらってます。皆ヒット曲を持ってる人たち。それを夜のヒットスタジオ風にやってみようと

題して夜のヒットスタレビ」(ダジャレかよ!)昔、夜ヒットで観たコレです。








これは人の曲を歌うんですが今回は自分の曲。演奏はもちろんスタレビ。この日のために

メンバーは猛練習に猛練習を重ねたとか。全曲演奏するのに1時間半かかるとか。

自分たちの曲を演奏するのだってこれだけ曲数やれば大変だと思いますが他人の曲

ですからね。それを高いクオリティーでやろうってんですから本当に演奏力が高いなと

思います。実際何回も聴いたことある曲ばかりなので少しでもおかしいところがあれば

スグわかるもんですが一切ありませんでした。オリジナルにかなり近い証拠だと思います。

みんな知ってるヒット曲ばかりやるとのことであの人はこれかなとか考えてると始まりました。




つづく