geo17052021460031-p1[1]





まず、オープニングは今日の参加ゲスト全員でスタレビの「愛の歌」を熱唱。次はスタレビ

だけで「夢伝説」これ聴きたかったんですよね。素晴らしかった。会場も一気に沸いた気が

します。さらに「ブラックペッパーのたっぷりきいた私の作ったオニオンスライス」(長っ!)

ここからはゲストを呼び込んでいきます。ステージに向かって左側に女湯を連想させる

暖簾。逆側は男湯ですね。最初のゲストはその男湯からスキマスイッチのお二人。

根本さん「スキマスイッチの二人はニューアルバムが出まして最近までそのツアーやって

たんですが、そのアルバムで色んな人とコラボしてるんですが全然呼んでくれない!」

大橋さん「だって東京にいないじゃないですか!」(といいながら大橋さんピアノの常田さん

のところへ後ずさり)根本さん「なんでそっち行くんだよ」大橋さん「だって怖いんですもん」

常田さん「今ブワーってすごい先輩風吹きましたよ」このやりとり大いに会場でウケてました。

ゲストの曲とスタレビの曲を1フレーズずつ根本さんとゲストが歌うスタイル。演奏するのは

もちろんスタレビ。スキマスイッチは「奏」と「Goin'Back To 1981」最後大橋さん

ピアノの上から大ジャンプ。根本さん「アイツら誰のコンサートだと思ってんだ」とポツリ。

次のゲスト根本さん曰く「歌が上手い」登場したのは矢井田瞳さんあの独特な声は健在

でしたよ。曲は「地平線と君と僕と」「WAKE UPMY HEART」やっぱり

「ダーリン、ダーリン」でお馴染み「My Sweet Darling」が聴きたかったなあ。




つづく
スポンサーサイト
DSCN0585.jpg



今回ゲットしたのは松田聖子さん。6月10日にこの前の土曜日に行ったさいたまスーパー

アリーナでもやるんですけど、その日は大事なZ会なので狙っていた7月の武道館

コンサートが獲れました。私には珍しく大きなハコ連発です。私の武道館のイメージと言えば

30過ぎても定職に就かずギター1本で勝負するぜとか言って付き合ってる彼女の給料日の

時だけは優しくする。そんな奴が目指す場所というイメージです(どんなイメージだ)その昔

菊池桃子さんが武道館でコンサートをしたことがあるのですが当時はそんな財力も行動力も

持ち合わせていなかった私(中学生でしたからねえ)今の私はその両方を持ち合わせて

おります。行ってやろうじゃないか武道館。でも本音を言えば数百人レベルの小ホールの方が

やっぱり好きだなあ。というわけで聖子さんの隠れた名曲「真冬の恋人たち」で今日はお別れ

です。アルバム曲なんですがシングルでも十分イケると思うんですがシングルのクオリティが

彼女の場合高すぎるんですよね。勿体ない。当時のほかのアイドルがシングルで出しても

十分お釣りがくるくらいのクオリティだと思います。




今日はスターダストレビューの35周年コンサートでさいたま新都心にやってまいりました。


DSCN0573.jpg




ご存じさいたまスーパーアリーナ。「PRIDE」や最近では「RAIZIN」など総合格闘技の大きな大会が

行われる会場という私は認識なんですよね。私の中では総合の聖地みたいな感覚です。



DSCN0574.jpg




しかし、今日はすんごく良い天気。風も無いし絶好の自転車日和。とっておいて他の日と

交換したいくらいです。良い汗かけただろうに。



DSCN0575.jpg



入り口は既に超人だかりが出来てる。こりゃ入るのに時間かかりそう。



DSCN0576.jpg



いや~超有名人ばっかだなあ。この他にはチャゲさんのお花もありました。



DSCN0577.jpg




公演時以外は写真撮影OKとの事。実にありがたい。しかしすげえ人だな。人、人、人。




つづく
1曲目はプロジェクションマッピングていうんですか?光のアート満載で幻想的な

スタート。MCでは4月27日に生まれて初めてパーマをかけたそうです。パーマか。

私も随分かけてないな。最後にかけたのはヨーカドーにいた頃だったかな(20年

以上前)パーマどころか色んな髪型でしたねこの頃は。私も若かったですから。

久しぶりに私もパーマかけたいなと思ったんですけど私の毛髪量でパーマかけたら

間違いなくパンチになっちゃう。恐らく喜ぶのは二号君だけだと思うので思い止まり

ました。さらに一番遠くから来たお客さんを聞くと三宅島とか、青森、北海道の

石狩なんてお客さんもいましたね。三宅島在住の方はわかりますが、青森や北海道

はこの後のツアーに組み込まれているんですよね。それでもわざわざ大宮まで来る

んだから大したもんだなあと。私の感覚だとチケット代より移動費のが高いという

のはちょっと考えられない。これ言うと二号君や拘置所君に怒られそうですが。

今回は4月に発売されたアルバムツアーなので当然そのアルバムからの選曲が多い

のは予想できたのですが懐かしい曲は「遠く遠く」「milk」「どんな時も」でしたね。

やはりもう少し懐かしい曲も聴きたかったですね。槇原さんの声って良い意味で軽い

と思います。深夜に酒飲みながら聴くより昼間にドライブとか部屋の掃除しながら

聴くのが良さそうです。邪魔にならないっていうのかな。槇原さんて関西の人なんで

すね。時折入る関西弁が良い感じでした。




DSCN0560.jpg





これは良く特徴を捉えてるなあと感心してしまいました。だって槇原さんだって

スグ分かるものねえ。




DSCN0561.jpg



おわり
DSCN0559.jpg



今年初のコン活は槇原敬之さんです。会場は大宮ソニックシティ。昨年鈴木雅之さんの

コンサートで来たので問題なく到着。ま、迷うような立地じゃないんですけどね。

ゴールデンウイークじゃなくても人が多い印象ですが、今日も人で溢れかえっていました。

3月から始まったツアーもそろそろ折り返しに差し掛かったところでしょうか(7月まで)

客層は意外と男性が多いかなと6:4で女性多めです。私のお隣はそこそこお年を召された

ご夫婦でそのお隣もそうでした。年齢層は結構高めですかね。40~50代が圧倒的に

多いように感じましたね。前回の鈴木雅之さん同様2階席。唯一の利点は一番左の

通路側ということでしょうか。ここ大宮ソニックシティは出口が少ないので帰りは必ず

退場渋滞が起こるんですよ。すぐに動ける通路側は有難いです。どうせ2階ですしね。



つづく