20171018-00657066-soccerk-000-4-view[1]



浦和がホームでの1戦を1-0で勝利。2戦合計2-1で決勝進出を決めた。前半12分の

ラファエル・シルバ選手のゴールを上海上港の誇るブラジル人選手3人から守り切った。

浦和の強い時はとにかく守備が良い。元々攻撃には良いタレントが多いチームだけに

守備が課題に挙げられるチームだがこの日は全く隙が無かった。この守備なら優勝も期待

できる。決勝に進出したことにより、リーグ戦の日程が変更になるようだがここは他クラブ

も了承し、浦和を大いにバックアップして欲しいと思う。さて、気になる相手だが

サウジアラビアの強豪アル・ヒラル。監督はJリーグ開幕時、横浜マリノスでJリーグ

初代得点王に輝いたラモン・ディアスさん。上海上港とは違い個ではなくチームで

攻めてくる印象。ここまで来たら相手はどこでも強豪。リーグもそろそろ終盤で熱を

帯びてくるがこちらの戦いも大いに楽しみだ。
スポンサーサイト
20170914-00000026-tospoweb-000-1-view[2]



ACL決勝T準々決勝第2戦。第1戦を1-3で負けている浦和にとって勝つだけでは

なく3点以上獲らないと敗退という厳しい条件が付く。ここまで監督交代、リーグ8位

天皇杯、ルヴァン杯も敗退しておりACLしか残っていない。一方の川崎はリーグ2位

天皇杯もルヴァン杯も勝ち残っているし川崎有利だと思っていたのだが・・・

川崎DF車屋選手の退場で流れが大きく変わってしまいました。まさかの4-1で

浦和がベスト4に進むという大逆転劇。浦和は決勝T1回戦の済州ユナイテッド戦も

敵地で0-2と敗れるもホームで3-0で勝ち大逆転劇を果たした。そんなことが

何度も起きるとは思えなかったのだが起きてしまった。次はブラジル代表オスカル

フッキ両選手が所属する上海上港と決勝進出を懸けて戦う。Jリーグの代表として

頑張って欲しい。もはやJリーグにとってACL優勝は悲願ですから、私も浦和を

応援していきます。前回優勝したのは10年も前の事なんですね。4強入りも

9年前ですか。是非夢半ばで散っていった他のJクラブの気持ちを背負って

頑張って欲しいと思います。しかし現地で観てた拘置所君はさぞや興奮したでしょうな。
20170910-00000101-spnannex-000-1-view[1]



FC東京は篠田監督を解任した。昨日行われたセレッソ大阪戦を1-4で終え公式戦

5連敗。天皇杯、ルヴァンCも既に敗退が決まっている。



開幕前に大型補強を敢行。大久保、永井と代表経験のある選手を獲得。さらに開幕後

には昨シーズンの得点王ウタカ選手も獲得したものの現在リーグは10位。優勝

どころかACLも程遠い内容。優勝候補にあげる有識者の方も多かったようだが。

(ちなみに私は6~10位と予想)今年は昨年の上位チームの監督が相次いで解任

に追い込まれている。唯一残っていたガンバの長谷川監督も今季限りでの退任が

先日発表されたばかりだが、篠田監督に関しては遅すぎる印象だし、他の監督より

も先に解任されると思っていた。そもそもFC東京は毎年補強は派手だが結果は

中位というのがお決まり。選手より監督の補強をした方が良いと思います。

後任には前広島の森保氏の名前が上がってますがどうなりますやら。
20170815-00000156-sph-000-3-view[1]



J1で現在11位の神戸ネルシーニョ監督が解任された。後任は欧州人監督を

中心に人選を進める。吉田ヘッドコーチが暫定的に指揮を執る。今季J1での

監督交代は6例目。13日のFC東京戦での今季3度目の3連敗で解任を決めた。

今季で3年目を迎えるネルシーニョ体制。初のリーグ優勝に向けて日本代表クラス

の選手を積極的に補強。開幕4連勝で首位にも立ったが昨季得点王のレアンドロ

選手を怪我で失った辺りから怪我人が続出。気が付けば中位が定位置になって

しまった。ポドルスキ、ハーフナー両選手を獲得。さらに鹿島の金崎選手にも

オファーを出すなど(こちらは破談)さらに補強を断行したが攻撃の選手ばかりで

果たしてネルシーニョ監督の意向に沿った補強なのか疑問が残る。しかし、今年は

長い間チームを率いてきた監督の更迭が多い。こんだけ実績のある監督が更迭される

年はちょっと記憶にない。残ってるのはガンバの長谷川監督くらいになってしまった。

来年は監督人事にも注目だし、それによって移籍する選手も増える筈だから

人の動きも活発になるだろう。オフも忙しくなりそうだ。
20170806-01642584-gekisaka-000-3-view[1]




浦和の関根選手がドイツ2部のインゴルシュタットに完全移籍することがクラブ

より発表された。浦和はペトロヴィッチ監督を解任。チーム状態が落ち着かない

中での関根選手の移籍は正直痛い処だろう。浦和の下部組織出身で14年にトップ

昇格してからというもの常にレギュラーで活躍してきた。もはや代表にすっかり

定着した原口選手と印象が重なる。関根選手がそうなる可能性は十分あると思って

いる。またレッズの選手は長谷部選手、細貝選手のようにドイツで成功する下地

があるし、いきなり1部ではなくまずは2部でというのも好感が持てる。すぐに

結果が出れば1部から即オファーが来る。それからでも遅くはないのだ。スペイン

の柴崎選手が良い例ですね。彼のドリブルならきっと通用すると思うし、逆サイド

の宇賀神選手も代表に選出されたが、ドイツで活躍すれば関根選手が選出される

日もそう遠い日の話じゃないと思う。