前回ご紹介したハイパーオリンピックの続編的な位置づけでしょうか。正直前作はオリンピック

というより世界陸上的な感じで陸上競技しかありませんでしたが今回はバラエティーに富んでます。

発売された84年はロサンゼルスオリンピックが開催された年でした。カールルイスが印象に

残ってますね。ですので次のソウルで負けたときは衝撃的でしたし勝ったベンジョンソンが

ドーピングで金メダルはく奪されたのも驚きでしたねえ。話がそれましたが今回の種目は

水泳、クレー射撃、跳馬、アーチェリー、三段跳び、重量挙げ、棒高跳びというラインナップ。

前作と違いただボタンを押すだけのゲームとは違い押すタイミングが重視された仕様に

変っています。このゲームもファミコンやMSXに移植されています。





スポンサーサイト
今日ご紹介するのは当時神作品連発のコナミさんから発売された「ハイパーオリンピック」

です。1983年に発売。翌年開催されるロサンゼルスオリンピックをテーマに造られ

ました。このゲームはレバーが無くボタン3つのみで操作します。競技は100メートル走

走り幅跳び、やり投げ,ハードル、ハンマー投げ、走高跳の6種目。RUNボタンを連打

すると走る速度が速くなるため色々な手法が試されました。爪でこすってみたり、コイン

を使ってみたり。私の周りで多かったのはガチャガチャのカプセル、ピンポン玉なんて

のもいましたが圧倒的に多かったのが鉄の定規。私も母に「技術の授業で使う」という

名目で購入資金を頂きました(母上ごめんなさい)そんな感じでしたのでどこのゲーム機

も傷だらけでしたね。今、考えるとお店側もたまったもんじゃないですね。

ファミコンにも移植されましたが種目が減ってしまったのが残念です。









今日ご紹介するのは世界初のプロレスを題材としたコンピューターゲーム

「ザ・ビッグプロレスリング」です。なんと新日本プロレスと全日本プロレス

両団体から承認を受けてるとか。1983年稼働ですから私が中学2年くらいの

ゲームですかね。後にファミコンに移植されたらしいのですが全く記憶に無いん

ですよねえ。倉庫みたいな薄暗い駄菓子屋兼ゲーセンみたいなお店でやった記憶

があります。三色のアイス(三色トリオとだったかなあ・・)が好きでこのお店

でよく食べてたんですが、このアイス当たり付きで2回連続で当たった時は店の

おばちゃんに怪訝な顔されたのを今でも覚えています。


sannsyoku[1]




こんなヤツです。ゲームに話を戻しますと相手と組みあうと技が表示されるので

ボタンの早押しで技を決めるというシステム。場外乱闘なんかもありプロレス少年

であったスケキヨさんには堪らないゲームでした。中々ジャーマンスープレックス

が出せなくて苦労した思い出がありますね。




2017.05.02 プーヤン
今日ご紹介するのは1982年にコナミさんから発売された「プーヤン」コナミさんは

この頃出したゲームは神作品が多かったなあ。ファミコンにも移植されました。何故か

ハドソン名義でしたがね。まるで三匹の子豚を思わせるような童画チックなテイスト

ですが内容はちゃんとしたシューティング。私シューティングは全般的に苦手なんですが

なぜかこのゲームは苦手じゃなかった。狼をプーヤンが弓矢で迎撃するのだがパターンは

2部構成。下から風船で上に行くパターンと上から降りてくるパターンがあります。

風船は色によって硬さが違うので何回か当てないと割れない物もあるし、狼も石を投げて

攻撃してきたりとバラエティーに富んでいます。ファミコン版は当時隠れキャラブーム

だったこともあり数多くの隠れキャラが存在しています。しかし出現させるには高度な

技術が必要で当時の少年達は苦労を重ねたもんです。





今日ご紹介するのは1983年コナミさん発売の「ロックンロープ」です。私が5年生か

6年生くらいのころのゲームです。フックを打ち込んでロープを伝い最上部にいる

幸運の鳥を目指すゲームです。敵キャラが原始人と恐竜なんですが中々の曲者で

ロープを伝ってきたりロープをゆすって落としにかかったりと、ただウロウロしてる

だけじゃないんですよね。敵を倒す方法も限られており鳥の卵を獲って無敵状態に

なるかロープを伝って来てる時に落とすかしかありません。フラッシュライト(懐中電灯?)

で敵を一時出来に動けなくする事は出来ても倒せないんですねえ。この辺のところは

ドンキーコングに通じるものがありますね。アイスクライマーにも似てるかな。

難易度は結構高い気がします。