20170831-00000143-spnannex-000-4-view[1]




いやあ勝ちましたね。これまでW杯本大会、予選で一度も勝てなかったオーストラリア

に勝ったんですから。2-0で完勝ですからね。おまけに抜擢した浅野、井手口

両選手の得点で勝つんだから采配もズバリでしたね。柴崎選手は出場せず。杉本選手

に至ってはベンチ外ってなんでやねん。恐らくこれで負けてたらハリルさん袋叩き

だったと思いますよ。私なんか浅野選手なんて全く選択肢に無かったですからね。

見事な大博打だったと思います。また本田、香川両選手を起用しなかったのも良い

と思います。もはや浅野、井手口両選手のような若い世代の選手が出てこないと

ダメだと思います。彼らの世代からまだまだ出てきて欲しいと思います。今回の

メンバーがそのままW杯に行くことは無いと思います。あと1年を切りました。

今回選ばれなかった選手にもまだチャンスはあるでしょうし、あっと驚く

ような新戦力が出てくることを期待したいと思います。


スポンサーサイト
2017.08.31 正念場
20170830-00636123-soccerk-000-1-view[1]




いよいよ今日のオーストラリア戦で勝てば日本のW杯出場が決まる。サウジアラビア

が負けたことで、オーストラリア戦に負けても次節のサウジアラビアに引き分け以上

でもW杯出場が決まる。ただアウェーだけにホームで戦える今日の試合で決めたい

のが本音だろう。そんな注目の一戦の注目選手を上げてみた。



柴崎選手

私的にはイチ押しの選手。現在スペイン1部で活躍中。元々鹿島時代から天才肌の

選手だったが何故か代表には定着出来なかった。パスセンスも高いが自ら決める

能力もある。スペインでその能力にどう磨きがかかったのか大いに楽しみです。

是非スタメンで見てみたい選手。


昌子選手

吉田選手の相方探しは日本代表の命題になってしまったが、彼ならこなせるはずだ。

昨年のクラブW杯でのパフォーマンスが出せるのだから可能性は十分高いし、クラブ

でも好調を維持している。Jリーグの代表としても頑張って欲しい。


杉本選手

セレッソ躍進の中心的存在。最近の活躍ぶりは出色の出来。代表に呼ばれるのも

当然だろう。(金崎選手も良いけどなあ)なにしろ187センチの長身は今の代表

には無いオプション。また高いだけの選手ではなく、それなりに足元もある。

流れを変えるジョーカー的な役割を期待したい。




なにより長谷部選手の復帰は心強い。ここまでの苦戦は彼の不在も影響している

と思う。クラブでも代表でもいないと困る選手は今の代表では数少ない。

結果如何によっては監督の更迭もあるとか。注目の一戦になることは間違いない。
W杯最終予選のイラク戦メンバーが発表された。ブルガリアのクラブでプレーする加藤恒平選手

レッズの宇賀神選手、ガンバの三浦選手、レイソルの中村選手が初招集。スペインで奮闘する

乾選手も2年ぶりに招集された。恥ずかしながら加藤選手全く存じ上げませんでした。

恐らく、ブルガリアという未知の国でプレーしているからにはハートが強い選手なんだろうと

思う。サッカーだけやってればいいという環境じゃないだろう。そこでレギュラーとして

プレイしているんだから他の選手には無い何かを持っていそう。是非一度観てみたい選手

ですね。乾選手はやっと呼ばれたかという印象。彼もスペインでレギュラーで活躍し続けて

いる。誰とは言わないが試合に出ていない海外組よりは遥かに良いパフォーマンスを

見せられるはずだ。彼にも期待したい。今回は常連の西川選手、森重選手が落選と競争が

激しくなってきた感がある。今回初招集されたような若い選手をもっと見てみたい。また

加藤選手のように異国の地でプレーしている選手も然り。まだレギュラーを固定するには早い。

今はいろんな選手を試して欲しいと思う。
ラグビーの2019年W杯の組み合わせが決定。日本はアイルランドとスコットランド

他の2チームは欧州予選王者とプレーオフの勝者。ルーマニアとトンガが有力とのこと。

なぜだが分からないが日本はベスト8入りが有力との報道がある。スコットランドは

前回のW杯で完敗。昨年の2試合ともに負けている。アイルランドは強くないみたいな

報道があるが日本の対戦成績は7戦全敗。トンガだってW杯の常連国。確かに他の

グループに比べれば恵まれているかもしれないが、だからと言って簡単に突破出来る

とはいえない。前回のW杯は8強入りは逃したものの素晴らしい戦いぶりだったのは

認めるが日本はまだW杯で一度も8強入りしていない。こちらが恵まれたと思って

いる以上に相手は思っているだろう。日本?ラッキーだなと。まだ2年あるではない。

もう2年しかないのだ。サンウルブズも今一つ結果が出ていない。多くの強化試合

並びに合宿を組んで万全の状態でW杯を迎えたい。大事なことだからもう一度言おう。

どの競技だって世界レベルになれば楽な予選なんか無い。楽観視は禁物である。
2017.03.23 侍散る
20170322-00827685-number-000-2-view[1]




1点を争う緊張感あふれる良い試合。日本が勝てる展開だったと思う。だからこそ

ミスが勝敗を分ける事になる。2失点とも守備の乱れからだったが、こればっかりは

しょうがないし菊池、松田両選手は責められない。菊池選手はここまでの守備での

活躍は言うまでもないし尚且つこの試合は打つ方でミスを帳消しにした。松田選手も

プレイだけではなくムードメーカーとしても貴重な存在。両選手とも守備が良いだけに

逆にこういう展開でミスが出ちゃうんだろうなあ。この好試合を演出したのは投手陣。

菅野投手は前の試合とは打って変わって本来の実力を発揮。4番アレナド選手を3打席

連続三振に切って取ったのは痺れた。2番手の千賀投手は今大会で一番名前を売った

選手だろう。7回の3者連続三振は圧巻だった。「あ、この子メジャー行くな」と

思っちゃったもんな。こういう均衡した展開は日本だけではなく米国も望むところ

だったのかもしれない。各チームの抑え投手が揃った中継ぎ陣は申し訳ないが日本より

実績も力も上と言わざる負えない。打てそうな雰囲気がまるで無かったもんな。

残念だけれどこれが現状の日本の力なんだろう。南米勢に加えて米国まで本気を

出してくるとなると更に優勝は厳しくなるでしょうね。とにかく選手たちには最大の

賛辞を贈りたいと思います。ご苦労様でした。ゆっくり休んでる時間もないでしょうが

胸を張って帰ってきてください。野球好きにはまだ楽しみが続きます。センバツもやって

ますし、1週間後にはプロ野球も開幕します。段々賑やかになってきましたね。