FC2ブログ
2020.01.25
スポンサーサイト



TV
BBUqu2V[1]


フジテレビの三田アナウンサーが結婚された。フジテレビのアナウンサーで

たった二人だけ好きなアナウンサー。(もう一人は宮司愛海アナ)容姿端麗で

頭も良ければ、育ちも良い。さらにニュースも読めると来れば、彼女に対して

ネガティブな意見など出るわけが無い。ワタクシがイチロークラスのプロ野球

選手だったらあらゆる手段を講じて結婚したいと思う。お相手は最近得意の

一般人男性。あのね、この際だからはっきり言わせていただきますけど

三田さん然り、菊池桃子さん然りこういう方達とお知り合いになれる人種は

もはや一般人ではない。エリートでもなければ、幸せを感じる時はビール飲んで

焼き鳥食べてるときとか平然と言えるのが一般人ですよ。ジャスコや土手に

三田アナウンサーはいませんよ。正直、同じ一般人男性として括られるのは

違和感しか感じません。一般人男性という呼称は改めていただきたいもんですな。

まあ、何が言いたいかといえばこの一言だけなんですがね。




アナウンサーと結婚するやつ全員死ね!
飲み会終了後、二号君が柿と梨を剥いてくれまして美味しく頂きました。

二号君意外に皮剥くの上手いんですよ。器用な一面を垣間見ることに。

その後は鈴木さんの入浴にワタクシ乱入しまして二人で風呂でマッタリと

語り合ったりと楽しい夜は過ぎてゆくのでありました。




DSCN1932.jpg



二日目の朝を迎えました。ワタクシまだ陽も登らない5時に起床。ふもとのコンビニ

まで新聞を買いに出かけ、その後は通算3度目の入浴をしました。ホントに温泉

大好きなのであります。そろそろ皆さんがお目覚めなので朝食作りに取り掛かります。




DSCN1933.jpg



家系風なスケキヨさん。


DSCN1936.jpg



見た目はふざけてますが、いたって真面目です。



DSCN1937.jpg



朝食が完成しました。目玉焼きは明らかに焼き過ぎてしまい申し訳ない。




つづく
パワハラ上司がいなくなりストレスフリーな日々を過ごすわたくしですが

ラブストーリーとストレスは突然にやってくるもんです。ある平日の夕方の事。

現場作業員から電話が。ある作業に伴い事前に電話しておいたのですが

紙が来ていないと。これは以前ヤツがいた部署のみの作業でヤツがいる

今の場所では電話連絡のみという流れ。ですから紙など回す必要は無い

のです。ですからワタクシはそれは以前いたところでしかやらないよと

説明してやったのですが聞く耳持たず。しまいには「○○(役職名)なのに

そんなことも知らないんですか?会社の規則でしょう!」とブチギレて

きやがった。丁度ヤツの上司が事務所に来てたのでヤツがそんなこと

抜かしてるんだけどと。一応こちらに非が無いか作業の流れを確認した

ところ完全にヤツの勘違いが判明。その場でその上司に電話してもらった。

頃合いを見計らって電話したワタクシ「で、どうだった?」ヤツ「スイマセン」

その後、謝罪に来れば水に流してやろうかと思ったが待てど暮らせど来ず。

そもそもワタクシが電話しなかったら、こちらへ電話してくるかも怪しい。

イライラしたまま週末を過ごして1日待っても来ない。それどころか何も無かったかの

ように振舞ってやがる。これは天誅食らわすしかないなと。一応、同期のヤツの

上司に相談して話デカくするけど良いか?と。構わないということなので

事の顛末を所長に報告。こちらはべしゃりで飯食ってますからね。アピールには

絶対な自信を持っております。ここで注意しなければいけないのは

あくまで私恨ではないということのアピールが大事。基本10-0で

ヤツに非があるとは思いますが、一応ワタクシのこれまでの対応が良くなくて

その蓄積で爆発したのかとか、こちら側に非があるなら(全くありませんが)言って

貰って構わないとあえて自分を落としておいたり。その時の気分で発したならば

その他のパートさんとかに危害が及ぶなどじわじわとヤツを包囲していきます。

ワタクシのトークスキルをフル活用して事の重大さを上手くアピールしていきました。

所長もこれは許せんと。パワハラには敏感な営業所ですからね。早急に対応すると

約束してもらえました。間違いなくヤツには天誅が下される事でしょう。ワタクシは

味方には徹底的に優しいですが、敵には非情に徹する男ですからね。喧嘩する相手を

間違えたことをたっぷり認識してもらおうと思います。
20200120-00000114-jij-000-4-view[1]



広島の元エース北別府学さんが20日、白血病であることを公表した。

抗がん剤治療を受け、その後、骨髄移植を行う予定だとか。本人も自覚症状

が無いうちに治療に専念されるそうで、また元気なお姿を是非拝見したい

と思う。選手には厳しいコメントが目立つがカープを愛するが故だと思う。

白血病は一昔前は不治の病と言われたが今はそんなことは無い。

本来なら監督をしていてもおかしくない功労者だと思う。一日も早い

回復を望んで止みません。